くらし

作家、画家の大宮エリーさんが、忘れられない音楽とその思い出。

ある曲を聴くと、一瞬でその時代に戻れる。音楽にはそんな力があります。音楽を愛する大宮エリーさんに、大切な歌とその思い出を聞きました。

「楓」スピッツ
●「晴れたらいいね」DREAMS COME TRUE
●「赤いスイートピー」松田聖子

スピッツの「楓」。この歌を脳内再生するだけで、私はなつかしい日本の良き風景を思い出し、ほっとしてあたたかい気持ちになれる。なつかしさって、時に切なく悲しさを纏うのに、スピッツの曲は前を向けるから好き。

「晴れたらいいね」は、口ずさめばすぐ旅に出た気持ちになる。つらいことがあった時、落ち込みそうな時チャリンコこぎながら大声で歌ったりした。

そして、「赤いスイートピー」。春が来ますね、心に。カラオケによく行った時代はこればかり歌っていた。青春の味ってこんな感じかな。恋心の良さが凝縮されている。

1998年にリリースされた「楓」と「スピカ」が収録されたスピッツのシングル。

1992年にリリースされたDREAMS COME TRUEのシングル「晴れたらいいね」。

「赤いスイートピー」。『SEIKO STORY〜80’s HITS COLLECTION』に収録。

大宮エリー

大宮エリー さん (おおみや・エリー)

作家、画家

大阪生まれ。2012年よりアート活動を開始。時代を生き抜くためのクリエイティブ力を鍛える「エリー学園」をオンラインで開校。主な著書に『生きるコント』。
撮影・諸井純二

『クロワッサン』1054号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。