くらし

【試して納得】おうち時間の良きパートナー、すべすべの肌触りが心地よいウールの家着。

オーストラリア産の最高級の超極細繊維「スーパーファインウール」を使った家着は、チクチクしない肌触りも魅力です。
  • 撮影・多田寛 文・板倉ミキコ

おうち時間が増えた2020年から、仕事と就寝のはざまの自分時間を快適に過ごすため、心身のオンオフの切り替え用にリラックスウエアが必須アイテムとなりました。

そこで今年の初めに「これだ!」と思ったのが無縫製シルクニットの上下(⇒参考記事)です。

ノーストレスの着心地とシンプルなデザインに惹かれ、随分着倒しました。

春、夏、秋と過ぎ、本格的な冬を迎える今、そこはかとない肌寒さを感じる自分がいます。シルクは年中快適な素材とは言うけれど、やっぱり冬場はうっすら寒い! 
人間の(私の)欲は尽きることがありません。

そんな気持ちを見透かすように、同デザインの冬バージョンが登場しておりました。

それも、これまた以前ご紹介したことのある腹巻パンツ(⇒ 参考記事)と同素材。オーストラリア産の最高級の超極細繊維「スーパーファインウール」を使った、滑らかで保温性の高い素材で織り上げた家着です。

カラダから付かず離れずの絶妙なライン。パンツは足首周りがリブ編みなので、寒さが足元から入ってくることはありません。

腹巻きパンツで実証済みですが、おろしたてでもチクチクしない、すべすべの肌さわりが魅力。登山用ブランドではインナーとして使われている素材ですから、薄手なのに保温性、吸湿性が高く、機能面に間違いはありません。

そして、ネットに入れて洗濯機で洗えてしまうお手入れの簡単さがあり、家着として必要な条件を兼ね備えています。

若干ゆったり目の首元。リラックスウエアにぴったりな抜け感があります。
身長164cmのモデルが着用したのはLサイズ。Mサイズを着用すると手首のグリグリの骨が出る袖丈に。
同デザインのシルクニットの上下。サラッとした軽やかな着心地はシルクならでは。モデルはMサイズを着用。

ホールガーメント横網機で編んでいるので、肌に当たって気になる箇所には縫製がありません。

ウエストのゴムの処理も、肌に極力ストレスをかけないよう丁寧な縫製がされていますし、温かさを逃さないようシュッとしまった足首のリブもノーストレスです。本当に寒くてお腹周りが冷える時は、腹巻をプラスすれば保温効果は完璧。

ニット素材をアップで見ると繊維の極細さが良くわかる。トップスは寒い時期のインナーとしても役立ちます。
ニットパンツの腰回り。肌にゴムが当たらないようにしてあるので安心。足首の処理も同様。

現在黒1色のみの展開なので、リラックス効果が高く、ウールのほんわかした温かみが視覚的に伝わってくる淡い色味が増えればいいな、と思う次第です。欲しがり精神に終わりはありません。(ライターMikiko)

心身はゆったりできるけれど、だらしなく見えない家着。自分時間の心地良いパートナーです。

<商品概要>

■商品名 スーパーファインウール 長袖無縫製ニット(税込 8,470円)
■商品名   スーパーファインウール 裾リブニットパンツ(税込 8,470円)
■販売:クロワッサンの店

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。