くらし

煮汁もごちそう、鶏むね肉としめじの梅あんかけ【川津幸子さんのレシピ】

ヘルシーさでは敵なしの鶏むね肉も、調理次第でパサついたり硬くなったり。おいしく食べるためのひと工夫を教わりました。
  • 撮影・青木和義

鶏肉としめじの梅あんかけ

調理前に両面に薄く片栗粉を。「この薄化粧が身が硬くなるのを防ぎます」(川津さん)

梅の酸味と優しいだしの味わいが、疲れした体にうれしい。鶏むね肉にまぶした片栗粉で上品なとろみがついた煮汁もごちそう。

【材料(2人分)】
鶏むね肉 1/2枚(約150g)
しめじ 1/2袋
梅干し(塩分8%) 1個
煮汁[だし汁 1カップ、薄口しょうゆ・みりん・酢 各大さじ1 砂糖 小さじ1]
片栗粉 適量
三つ葉 適量

【作り方】
1.鶏肉は一口大のそぎ切りにし、はけを使い薄く片栗粉をまぶす。しめじはほぐす。
2.梅干しは種を除いて果肉をざっとたたき、約20g用意する。
3.鍋に煮汁と梅肉を合わせて煮立て、しめじを入れてさっと煮たら、1の鶏肉を入れて1〜2分煮る。仕上げにざく切りの三つ葉を散らす。

川津幸子

川津幸子 さん (かわつ・ゆきこ)

料理家

料理誌の編集者を経て、料理家に。『小説新潮』での連載をまとめた『しゃばけごはん』が年内発売予定。小説に出てくる江戸料理の再現に格闘中。

『クロワッサン』1052号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。