くらし

沖縄の味、崩れにくい島豆腐を使ったナーベラーチャンプルー【ヒャダインの台所 Vol.68】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
今回は現在発売中のクロワッサン1052号「おいしく摂ろうタンパク質! 卵・鶏・豆腐。」に合わせて、豆腐料理を作ってもらいました!

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

今回はテーマが豆腐。
豆腐といえばチャンプルー。チャンプルーといえばゴーヤのイメージが強いですが私が一番好きなのがフーチャンプルー※。そして次点が今回のナーベラーチャンプルーなんですね。ナーベラーというのはヘチマのことです。
小学校の時観察した記憶が蘇りますね、ヘチマ。あれ、食べられるんですよ。まあご想像通り栄養はほぼゼロですが、ま、そういうことじゃないじゃないですか。肝心の味ですがまあ個性が強い。雨が降った後の林の土の匂い、が一番近いと思っています。

え、それどうなの? と思いました? でもブルーチーズだって剣道着の匂いするしドクターペッパーは湿布味、納豆にいたっては、ねえ。例えで出すものがアレでも美味いもんは美味いんです。
そして島豆腐ね! 水分が少なくてカッチカチなんです。だから炒めものでも崩れなくて使いやすい。もし島豆腐が手に入らない時は普通の木綿豆腐にキッチンペーパーを巻いてレンジで4分くらい温めたら水抜きしやすいですよーお試しを!

※編集部注:車麩を使ったチャンプルー。沖縄で麩といえば車麩だそう。

【ナーベラーチャンプルーのヒャダイン流レシピ】

<材料(作りやすい分量)>
ヘチマ 1本
ポークランチョンミート 1/2缶
島豆腐 1個
味噌 大さじ1
みりん 酒 大さじ2
だし醤油 大さじ1

作り方
1. ヘチマは皮をピーラーでむき、輪切りにしておく。(気になるなら水にさらしてアクを抜く)
2. ランチョンミートも食べやすい大きさに、島豆腐もサイコロ状に切る。
3. フライパンに油をひかず、ランチョンミートをひき油を引き出すように焼く。
4. 焦げ目がついてきたらヘチマと島豆腐を入れて軽く炒める
5. あらかじめ混ぜておいた調味料を混ぜ入れて、煮るように焼く
6. ヘチマから水分が出始めたら少し煮て出来上がり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名 前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。YouTubeのヒャダインチャンネルでは多彩なゲストとの対談コンテンツを配信中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。