くらし

ささみタンドリー【藤井恵さんのカレーをごちそうに変える副菜レシピ】

休日やおもてなしに、カレーをメインにしたフルコースはいかがでしょうか。
スパイスを隠し味にした付け合わせはオリエンタルな気分を盛り上げてくれます。
  • 撮影・福岡 拓 スタイリング・矢口紀子 文・中濱潤子

ささみタンドリー

【味わい】
カレー粉+ヨーグルト+生姜の漬けだれは、コクがあるのにさっぱり。鶏肉に、たれを染み込ませながら焼き上げて、滋味深い味わいに。

【材料(2人分)】
鶏ささみ肉(全体にフォークを刺して柔らかくする)6本
A[プレーンヨーグルト大さじ3、おろしにんにく小さじ1/2、おろし生姜小さじ1、カレー粉小さじ1、レモン汁大さじ1/2、サラダ油大さじ1/2、塩小さじ1/2、粗挽き黒こしょう少々]

【作り方】
1.
Aを混ぜ、鶏ささみを加えてもみ込み、約20分おく。
2.フライパンに1を漬けだれごと入れて中火にかけ、煮立ってきたら5分ほど加熱して裏返し、両面に色がつくぐらい焼きつける。

藤井 恵

藤井 恵 さん (ふじい・めぐみ)

料理研究家

今回は、クミンやガラムマサラなど手に入りやすいスパイスを使って、油控えめ、ヘルシーな副菜を提案。最強のお弁当本と評判の『藤井弁当』(学研プラス)など著書多数。

『クロワッサン』1045号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。