くらし

ブロガーショコラさんの、お金との向き合い方。

強運の人が心がけているのは、実はささやかなこと。
お金遣いや財布のマイルール、開運グッズ、縁起物など、真似したくなることばかり。
  • 撮影・三東サイ 文・田村幸子

お金と真摯につきあううちに、金運らしきものが巡ってきたのかも。

これまでの65年の人生で、「金運が巡ってきたかな」と実感したことが2回あった、とショコラさんがふり返る。

「離婚した夫の父が亡くなり、その遺産を離縁した私にも分けてもらえることになりました。もう他人の私になぜ? 私なりに考えたのは、慰謝料ももらっていないし、離婚後に子どもたちの大学の授業料を負担したし、その分だと思ってありがたくいただくことにしました。私にとっては、まとまったお金になりました」

「おかあさんにもおじいちゃんの遺産を分けてあげて」と、元夫に交渉してくれたのは、長男だった。

「当時、長男は司法書士の勉強をしていて。土地家屋や遺産相続の専門知識があり、元夫にも掛けあってくれたようです。このときのお金は、なんとなく生活費に使ってしまう気になれず、ローンの繰り上げにあてました」

46歳で購入したマンションのローンは、35年の返済プランだった。

「遺産がなかったら、ローンの返済が遅れ、老後資金も厳しかったかも。あのときは金運があったと思います」

2度目に金運が巡ってきたのは、60歳を過ぎてから。

「還暦になったので、なにか新しいことに挑戦しようと心に決めて、備忘録を兼ねたブログを始めたのです。おかげさまでいろいろな縁がつながり、雑誌のインタビューを受けたり、テレビに出演したり、著書も出版できました」

とはいえ、ショコラさんは著書のなかに書いているとおり、今も週4日、呉服関係の職場に勤めている。

「本業はパート社員です。私のブログにはアフィリエイトもないし、広告収入はありません。それでも多くの経験ができて、世界が広がったのは、お金には代えられないこと。還暦を迎えて、新しい世界に飛び込めたことが、金運を招いたのかもしれません」

月12万円での暮らしは、企業基金と老齢年金とパート収入でまかない、残りは予備費にプールしてある。

「この年齢になっても、おしゃれが大好きで、物欲はなくなりません。欲しいものリストに書き出してクールダウンするから、衝動買いはほぼしません」

お金に見栄を張らない、ごまかさない。ショコラさんの真摯なお金との向き合い方が、金運に味方される秘訣かもしれない。

レシートは その夜のうちに整理。小さい財布をすっきり使います

ショコラさんの財布はピシッと整理整頓されている。

「レシートはその夜のうちに整理します。それをやらないとなんだか気持ち悪くて」。

月初めに、お出かけ用の財布に4万円、食費用の財布(自宅で待機)に2万円を入れてスタート。家計簿を卒業して2つの財布でお金を管理する。写真奥から歴代の財布を並べてみると、小さくスリムになってきたのがわかる。

初めての御朱印帳は日枝神社で。神社めぐりが楽しみに

「初めて御朱印帳を買ったのが赤坂の日枝(ひえ)神社でした。そのあとすぐに参拝したとき、御朱印帳を持ってきていなくて、もう1冊買いました。表紙の猿の絵もかわいらしくて」とショコラさん。

横須賀の走水(はしりみず)神社の御朱印帳と合わせて3冊。

「コロナ禍がおさまり、いつか自由に参拝できる日を心待ちにしています」

欲しいものはノートに書き出します。日々アップデートして

小ぶりなスケジュール帳のメモページには、「喪服」や「水筒」など、ショコラさんの「欲しいもの」が箇条書きに。

「書き出してオンラインでリサーチします。数日たっても欲しいものは、買います」。

買ったものにはレ点をつけ、欲しくなくなったら線を引いて消し、随時アップデートする。

アクセサリーは18金。 ピアスとネックレスは常につけています

ジュエリーは昔から18金が好み。

「最近は金の相場が上がり、18金でデザインが気に入って、価格もお手ごろなものになかなか出合えませんが」とショコラさん。

同じジュエリーでも、顔周りが華やぐゴールドは、金運も上がりそう。ネックレスとフープタイプのピアスは、毎日つけている。

さる年なので、猿がラッキーチャーム。 意識して揃えています

さる年のショコラさんは、猿の絵がついた日枝神社の御守りを大切にしている。

「猿は私の干支なのでラッキーチャーム。ビーズ細工の猿のストラップは、今は亡き高校時代の友だちが作ってくれたもので、ひとつは壁に飾っています。天国で喜んでもらえるように、これからもずっと大切にしていきます」

時計と指輪は、ひとつに絞って大切に。お手入れもしっかり

ロレックスの10Pダイヤモンドで文字盤がシェル。

「この腕時計はずっと欲しかったもの。長男が気前よく買ってくれました。ロレックスに合うカルティエのリングも一緒にもらいました」とはにかむ。

「腕時計も指輪もいくつか持っていましたが、これひとつに絞り、ほかは売却しました。一生ものだから、お手入れも専用キットでていねいに磨きます」

ショコラ

ショコラ さん

ブロガー、パート勤務

60歳で備忘録として始めたブログが、シニア世代では異例のPVを記録。著書に『65歳から心ゆたかに暮らすために大切なこと』(小社刊)。

『クロワッサン』1048号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。