くらし

何をしても消えない風呂の黒カビ。最終手段は?

プロに頼む前に、自分でできる修繕法を、住生活ジャーナリストの藤原千秋さんに聞きました。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・長谷川末緒

Q.何をしても消えない風呂の黒カビ。最終手段は?

A.
温度・湿度が高く、皮脂などの栄養もある浴室はカビの温床。浴槽との継ぎ目などに使われているコーキング(シリコーンゴム)にはフォーマという黒カビが生えやすい。次亜塩素酸ナトリウムの作用が期待できる市販のカビ取り剤などで殺菌漂白できるが、菌糸が奥まで入り込んでいると作用しにくく、消えたように見えても、またすぐに繁殖する。

「やっかいな黒カビは、シリコーン樹脂を使って修繕を。防カビ効果も入ったタイプなら、新たなカビが発生しにくくなります」

バスボンドQ〈ホワイト〉 50ml 748円*編集部調べ(コニシ接着相談室 TEL.0120・28・1168)

浴槽等のカビや隙間に。古いシーリング材を取り除き、シリコーン樹脂をチューブから押し出して充填。

藤原千秋

藤原千秋 さん (ふじわら・ちあき)

住生活ジャーナリスト

おもに住まい・暮らしを専門に、執筆や監修、企画に携わる。著書に『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』(朝日新聞出版)など。

『クロワッサン』1046号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。