くらし

デザートだけど罪悪感ゼロ。シナモンを使ったリンゴのデザートワイン煮。【ヒャダインの台所 Vol.56】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインでレシピを連載中。
5月は連載1周年を記念して、読者がリクエストした食材などで作ってもらいます。最終回は余ったシナモンとりんごを使ったデザートです。

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

今月は読者の方からのリクエストにお答えする感謝祭、今回で最後です! またやりたいなあ。

今回は「イカのブローカー」さんから!「ヘルシーな料理も多いヒャダインさんのレシピで、ぜひスイーツをお願いしたいです。5月が誕生月なので、罪悪感少なく食べられるレシピを教えていただけたらすごく嬉しいです。和でも洋でも寒天系でも歓迎です!!」

なるほど! こないだバナナも紹介しましたがもっとヘルシーなやつ紹介しますね。実はですね、前回のバナナのやつ作るのにシナモンパウダーを買ったのですが、台所にすでにほぼ新品のシナモンがあったんですよ。これは困った! フードロスが嫌いなので何とかして使いたい。
てことでリンゴを買って来て、ストレージにあったデザートワインで煮ることに。贅沢に375mL瓶まるごといっちゃいました。
で、シナモンもキャップをとってドカーンと投入。でも減らない! 味は無加糖なのに十分甘い! リンゴの酸味も際立って美味いです!
ことわざでも「1日一個のリンゴで医者いらず」なんて言うでしょ。これなら罪悪感なしにいけちゃうよ!

【シナモン大量消費!リンゴのデザートワイン煮ヨーグルトのせのヒャダイン流レシピ】

<材料(作りやすい分量)>
リンゴ 2個
デザートワイン(甘口ワイン)375mL(今回はロゼを使いましたが赤でも可)
シナモンパウダー 大量
ヨーグルト 適量

作り方
1. リンゴを皮付きで薄切りにして、芯や種は取る。
2. 鍋に甘口ワインを入れて煮立ったら、リンゴを投入する。
3. アルミホイルで落とし蓋を作り、煮る。
4. 少しりんごがしなっとしたら、シナモンパウダーを大量に投入してかきまぜる。(今回瓶の中身、1cmくらい使いました)
5. 落とし蓋をして水分がなくなるまで弱めの中火で煮る。
6. 水分がなくなったら粗熱をとる。
7. ヨーグルトの上に煮たリンゴを置いて、その上からさらにシナモンパウダーをかけてできあがり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

ヒャダイン

音楽クリエイター

本名 前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。YouTubeのヒャダインチャンネルでは多彩なゲストとの対談コンテンツを配信中。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。