くらし

【試して納得】着姿も美しい、厚手のリトアニア産リネンを使ったエプロン。

家時間が増えたいま、こだわりたいエプロン。丈夫なリネン素材と美しい発色が魅力の人気シリーズに、この春新色が加わりました。
  • 撮影・多田寛 文・板倉ミキコ

欲しい、と思った時にベストなものがなかなか見つからないもの。お財布、システム手帳などが挙げられますが、私にとってエプロンはその筆頭でした。

ラブリーなものは苦手で、主張が強すぎないシンプルなデザインなものが好き、且つ作業がしやすいのが理想、と思い描いていた私が3年前に出会ったのが、こちらのリネンエプロンです。

スッキリしたシルエットが美しい着姿。一般的なエプロンに比べ着丈が長めなので、炊事や掃除などの水はねで洋服が汚れる心配も減る。(モデルは身長164cm)

「クロワッサンの店」のオリジナルデザインなのですが、店舗スタッフも日々制服のように着用しているもの。「毎日身につけやすいエプロン」を追求して作られたそうです。

確かに、着脱しやすさは抜群。紐やボタンがないので、頭からスポッとかぶるだけですぐ作業に取りかかれます。

腰紐やボタンがなく、着る時は肩紐を左右に広げて頭からかぶるだけ。脱ぎ着がしやすいのは、日常使いのエプロンにとって高ポイント。

そして、エプロン着用中の些細に見えて大きなストレス、肩紐のズレがないのもとても嬉しいポイントです。これは、幅が広く、内側に詰まった仕様の肩紐だからズレにくいのですが、細紐で首回りに縛って着用するエプロンに比べ、肩こりにも悩まされません。

ズレ落ちにくい、幅広の肩紐。首や脇の開きがあるので腕が動かしやすく、作業がとても楽。働き者にぴったりな機能とデザインです。

さらに素材にもご注目。しっかり厚手で丈夫なリトアニア産のリネンは吸水性に優れ、洗濯しても乾きやすく、繊維の中に雑菌を溜めにくいという特徴も魅力です。

3年間使用した自前のエプロンと新品を見比べてみましたが、くたっとした3年物は私が育てたと言える、愛着の湧く風合いになっていました。

左からオリーブ、ローズレッド、ストライプ、スモーキーホワイト、ブルー。素材がいいので発色もキレイです。プレゼントにもおすすめ。

私の相棒はローズレッドですが、もう一枚、パートナー用にオリーブを購入することに決定。身幅が大きくユニセックス仕様な上、ストンとどんな体にも収まってシルエットが整うので、身長や体格を気にせず選べます。

新品のオリーブはシャキッとした見た目で、3年もののローズレッドと並べると新入りの後輩風情。「これから頑張ります!」とでも言っているかのよう。二枚のエプロンとともに、楽しい家時間を過ごせそうです。(ライターMikiko)

左が3年経ったもの、右が新品。ハリのある状態もいいのですが、洗濯を重ねてクタッと柔らかくなったリネン素材も体感して欲しいところ。

今回改めてご紹介したいと思ったのが、最近新色が登場したことを知ったから。深みがあって爽やかなブルー、シックなオリーブ、そしてリネンの風合いがより伝わるスモーキーホワイトが仲間入りしました。

<商品概要>

■商品名 
厚手リネン フルエプロン(税込8,470円)

■販売:クロワッサンの店

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。