くらし

合えるだけで味が決まる、黒オリーブと高菜のタレの作り方と2つの応用レシピ【山本千織さんの万能タレ】。

毎日の料理であれこれ味付けを考えるのもけっこうな労力。この万能タレさえあれば、味がすぐ決まり、レパートリーも増える!
  • 撮影・高杉 純 スタイリング・西崎弥沙 文・河野友紀

黒オリーブと高菜のタレ

個性豊かな食材がまさかの調和。
山盛り使い、〝食べる″感覚を楽しんで。

「本当に合う……?と一瞬戸惑う食材の組み合わせですが、高菜の発酵臭と塩気、オリーブのコク、ディルの爽やかさは相性がよく、そこにしょうがを加えることで味が一気にまとまります。具材が多めなので食べごたえもたっぷり。白いご飯にのせてもいいですし、少し余ったらマヨネーズと混ぜてタルタルソース的に使っても」

【材料】(作りやすい分量)
黒オリーブ(種なし)30粒(90g)
高菜漬けみじん切り60g
米油1/2カップ
ディル(葉のみ)10g
しょうがみじん切り40g
醤油大さじ1
ナンプラー大さじ1/2

【作り方】
1.黒オリーブ、高菜、米油をフードプロセッサーにかける。具材のザクザク感を残したいので、一気に回さず、様子を見ながらかけていく。
2.1をボウルに取り出し、残りの材料を加えてよく混ぜる。

【保存期間】
保存期間 密閉容器に入れ、冷蔵庫で約1週間。

[応用レシピ1]和え麺

エスニック感覚溢れる、満足感ある簡単麺。

茹でたての中華麺にタレを加え、混ぜれば完成。麺とタレが混ざり合い、少しもったりとした一体感が生まれるところがアジア的で美味、と山本さん。もちろん冷やした麺とも合うので、夏場はそうめんなどで食しても。

【材料】(1〜2人分)
黒オリーブと高菜のタレ100g
生中華麺(平麺)1玉(130g)

【作り方】
1.湯を沸かし麺を袋の指示どおりに茹で、湯をしっかり切る。
2.あらかじめボウルにタレを入れておき、1の麺を加え、よく和える。

[応用レシピ2]アジのカルパッチョ

刺し身でタレをくるっと巻いて、一緒に食べるイメージでどうぞ。

タレにしょうがが入っているので、今回使ったアジなど、しょうが醤油で食べる魚はもちろん、鯛などの白身魚、またブリやカンパチといった脂がのった魚ともよく合う。おいしく食べるコツは、タレの量をケチらないこと!

【材料】(2人分)
黒オリーブと高菜のタレ適量
アジの刺し身1尾分

【作り方】
刺し身を皿に盛り、好みの量のタレを上にのせる。

山本千織

山本千織 さん (やまもと・ちおり)

料理人

「チオベン」の屋号で作る弁当やケータリングが人気。本誌の連載も好評。3月にレシピ集『チオベンの作りおき弁当(仮)』(PHP研究所)を出版。

『クロワッサン』1039号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。