くらし

手羽先と玉ねぎのスープと、2つのアレンジ料理【飛田和緒さんのレシピ】。

簡単なスープを多めに作ったら、翌日は別の具材や調味料でアレンジ!
  • 撮影・青木和義 文・大澤はつ江

手羽先と玉ねぎのスープ

手羽先の先を切り落とす。ここからもだしが出るので、いっしょに煮込む。
骨の間に包丁で切り込みを入れると身が簡単にほぐれ、食べやすい。

手羽先は鶏ガラより扱いやすく、いいだしが出る。玉ねぎの甘さと手羽先の旨味が絶妙。

【材料】(4人分)
手羽先12本
玉ねぎ(小)4個
塩約小さじ1
ナンプラー大さじ1
水8カップ

【作り方】
1.手羽先の先部分を切り落とし、骨に沿って切り込みを入れる。切り落とした先も捨てずに使う。
2.玉ねぎの皮をむく。玉ねぎの先端(茶色の部分)を残しておくと、煮崩れしにくい。
3.大きめの鍋に1を入れ、水を加えて中火にかける。
4.沸騰してきたらアクを丁寧に取り除き、玉ねぎを入れる。蓋をして弱めの中火で20分ほど煮る。
5.玉ねぎに串がすっと通ったら塩とナンプラーで味を調える。

アレンジ1[+ナンプラー]エスニックワンプレートご飯

手羽先の骨の間に指を入れ、しごくように動かすとほぐしやすい。

【材料】(2人分)
スープの手羽先6本
スープ420ml
米2合
ナンプラー少々
香菜適量
なます[大根200g、人参100g、塩6g、酢大さじ2、砂糖大さじ1と1/2]

【作り方】
1.米をとぎ、スープと合わせて浸水し、炊く。
2.手羽先は骨を取り、粗めにほぐしてナンプラーで和える。
3.ご飯が炊けたら軽く混ぜて皿に盛り、2、なますを添え、刻んだ香菜をのせる。市販のチリソース、ナンプラーをレモン汁で割ったタレをアクセントにかけても。

なますの作り方
1.大根、人参は皮をむき、5cmの千切りにする。大根に4g、人参には2gの塩をしておく。
2.共にしんなりしたら水気をきる。ボウルなどに入れ、酢、砂糖を混ぜ合わせ、15分ほど置く。

アレンジ2[+そうめん]手羽先入りにゅう麺

【材料】(2人分)
スープの手羽先2本
スープ400ml
そうめん2束
塩小さじ1/3
ナンプラー小さじ1~2
万能ねぎ・生姜各適量

【作り方】
1.スープを温め、調味料を合わせて味を調える。
2.手羽先は骨を取り、軽くほぐす。
3.そうめんを茹でて冷水に取り、ざるにあげて水気をきる。1のスープに加え、ひと煮立ちさせる。
4.器に盛り、2、小口切りにした万能ねぎ、生姜の千切りをのせる。柑橘類の搾り汁、豆板醤などの辛味をプラスしても美味。

飛田和緒

飛田和緒 さん (ひだ・かずを)

料理研究家

暮らしの中から生み出される作りやすいレシピが人気。著書に『がんばらない、無理しないいちばんおいしい野菜の食べ方』(オレンジページ)など多数。

『クロワッサン』1039号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。