くらし

「化粧道具」をどう整理・片付ける? プロの解決術。

家の中の”ブラックボックス”、片付けのプロはどう解決している? ライフオーガナイザー(R)を育成している日本ライフオーガナイザー協会代表理事の高原真由美さんに、金子利佳さんの自宅の実例を紹介してもらいました。
  • 文・板倉みきこ 写真は本人提供

ブラックボックス【化粧道具】。メイクしたい時、したい場所でサッと行える化粧道具の収納法。

[きっかけ]
メイク道具や化粧品を極力減らしたいと思い、家事をしながらサッとメイクできる方法を試行錯誤していた。

[解決策]
キッチンが自分にとってメイクに最適な場所と気づき、メイク道具を出し入れしやすい方法を吟味。
必要最低限に絞った化粧アイテムを、全てハンカチで包んでポーチに入れると、ポーチから取り出してハンカチを広げれば、そのままメイクスペースになることを発見。
ポーチはバスケットに入れ、キッチン近くの電話台の下に置くことにした。

[学んだこと]
化粧は洗面所ですること、と思い込んでいたが、洗面所はけっこう暗く、キッチンのほうが明るくてやりやすいし、時間管理の点でもベスト。
これはこの場所でやるもの、ここに置くもの、と決めつけずに、自分の生活に合う場所を探すのが大事。
メイク道具も化粧品もたくさん持っていたが、使いこなせていなかったことがわかったし、自分にとって必要最低限のメイク方法もわかり、心までスッキリした。

ハンカチを広げた場所がメイクスペースに早変わり。旅先でも便利。

ポーチからハンカチ包みを取り出した状態。

メイクポーチや細々したものを蓋付きのバスケットに入れて収納。

メイク後、しまうのもあっという間。

高原真由美

高原真由美 さん (たかはら・まゆみ)

ライフオーガナイザー

日本ライフオーガナイザー協会代表理事。思考の整理から始めるコンサルティング型の片づけ支援のプロを育成。https://jalo.jp

金子利佳

金子利佳 さん (かねこ・りか)

ライフオーガナイザー

こだわりの強い人、不器用な人をサポート。ラクに叶う片づけに定評あり。

『クロワッサン』1041号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。