くらし

15分で完成! めかじきのオイスター照り焼き、新玉ねぎと桜海老のマヨポン和え【吉田愛さんの電子レンジ時短レシピ】

ほぼ1つのボウルで作れて、加熱中はほかの料理に専念できて。時短の頼もしい味方である電子レンジ、改めて使いこなしてみませんか?
  • 撮影・青木和義 料理製作、スタイリング・吉田 愛 文・新田草子

めかじきのオイスター照り焼き、新玉ねぎと桜海老のマヨポン和え

タレは片栗粉を加えてとろみを出す。沈殿する前に加熱し、ダマを防ぐ。

「照り焼きは、タレの材料を混ぜてめかじきを並べたら、すぐに加熱するのがコツです」

みずみずしく辛みが控えめな新玉ねぎは、生でもおいしい食材。うまみ食材である桜海老とマヨネーズで、コクのある和え物に。

めかじきのオイスター照り焼き

【材料(2人分)】
めかじき2切れ
アスパラガス2本
A[オイスターソース小さじ2 しょうゆ小さじ1/2 砂糖小さじ1 しょうがの搾り汁小さじ1 片栗粉大さじ1/2 水・酒各大さじ2]

【作り方】
1.アスパラガスは下1cmを切り落とし、ピーラーで下1/3の皮を薄くむく。長さを3等分する。
2.耐熱皿にAを入れてよく混ぜ、めかじきの水分をキッチンペーパーで拭いてから並べる。空いているスペースに1を並べてふんわりとラップをし、電子レンジで2分30秒加熱する。取り出して上下を返し、タレを混ぜて、再び2分加熱する。
3.器に盛り、耐熱皿に残ったタレを適量かける。

新玉ねぎと桜海老のマヨポン和え

【材料(2人分)】
新玉ねぎ1/2個
桜海老大さじ2
A[マヨネーズ小さじ2〜3 ポン酢小さじ1]

【作り方】
1.玉ねぎは縦半分に切り、繊維に沿って薄切りにする。水に約3分さらし、ざるに上げて水気を切り、キッチンペーパーで拭く。
2.ボウルに1と桜海老、Aを入れ、全体を和える。

タイムテーブル(15分で完成)

吉田 愛

吉田 愛 さん (よしだ・あい)

料理家

日本料理店での修業を経て独立。唎き酒師の資格も持つ。3月に『温故知新 和食つまみ』(成美堂出版)を上梓予定。

*レシピ中、電子レンジはいずれも600Wのものを使用。調理時間は目安です。

『クロワッサン』1040号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。