くらし
更新:

【山田ルイ53世のお悩み相談】シングルマザーになったことを申し訳なく感じています。

お笑いコンビ髭男爵のツッコミ担当で、作家としても活動中の山田ルイ53世さんが読者のお悩みに答える連載。今回は離婚したことを子供達に申し訳なく思い続けている女性からの相談です。
  • 撮影・中島慶子

<お悩み>

シングルマザーです。
6年前に離婚しました。離婚理由は色々ありますが、外で働きたい私と、家事や育児は死んでもやりたくないという元夫とのすれ違いです。現在は忙しくも、やりたい仕事をし、私自身の心は満たされています。
一方で、子供達の事を思えば、自分が我慢しさえすれば、世間一般的な家庭で育ててあげることができたのにと、大袈裟でもなく、毎日思います。

父親役が出てくるドラマ・CM、シングルマザー関連のニュース、息子のサッカー、娘の部活で会う他の子のお父さんなどを見るたび、子供達のことを思って後悔ではなく、申し訳ない気持ちになります。
子供達は、私たちの諍いも見ていたことから、私を責めるようなことは言いませんが、正直この罪の意識のようなものをいつまで抱えるのかと考えると、気が遠くなります。
友人・知人には相談し、聞きたい言葉もたくさんもらいました。あなたは悪くない、子供達もまっすぐに育っている。正しい選択をした。
それでも毎日思います。自分のせいで不完全な家庭にしてしまった。他のお母さんたちは当時の自分より我慢しているのにと。
山田さま、この気持ちを無くすには、どうすればいいのでしょうか。
シングルマザーの貧困が叫ばれている中、正社員で再就職できた自分は恵まれています。
結局、自分だけが満たされればいいのかと、思うとつらいです。

(ピエロ/女性/メーカーで貿易事務をしている、40代の正社員です。小学6年生の息子と、中学3年生の娘がいます。)

山田ルイ53世さんの回答

「子供達に申し訳ないことをした」と罪の意識に苛まれているピエロさん。
離婚したのが6年前とのことですから、ちょうど娘さんが小3、息子さんが小1の頃でしょうか。
いや、筆者にも覚えがありますが、小学校は何かと保護者が召集される機会も多い。
その分、心細い思いをすることもあったのかもしれません。
しかし、「自分のせいで“不完全な家庭”になった」というのはどうでしょうか。

「子供たちは、私たちの“いさかい”を見ていた」と文面にありますが、喧嘩の絶えない両親の姿を日常的に目にしてしまうような環境が、彼らにとって「完全な家庭」のはずもない。
そもそも、家族や家庭を、“完全”だの“一般的”だのとカテゴライズする、その物差し自体いかがなものかと思うのです。
国民的アニメ『サザエさん』……あの海産物擬人化ファミリーでさえ、もう随分前から、一般的という言葉にはあてはまらない。
今や絵に描いた餅ならぬ、“刺し盛”でしかないでしょう。
現実の世界では、ただそれぞれの家族が、それぞれの事情を抱え、“そこにある”というだけ。
“シングル”などと自ら、ましてや他人が勝手に“引き算”にしてしまう風潮にこそ、筆者は違和感を覚えます。
別に、何も欠けてなどいないのです。

現在はやりたい仕事に就き、満足していると仰る相談者。
その一方で、
「自分だけ満たされていれば良いのか?」
と気に病んでおられますが、この場合はむしろ、
「あのときは、自分を優先した」
「自分のことで頭が一杯だった」
と一切合切飲み込んで暮らしていくのも、一つの手かなと思うのです。
過ぎ去ったことを、
「あれで間違っていなかったのだ!」
と肯定したい、されたいがあまり立ち止まっているより(筆者は相談者の判断が悪かったとは全く思っていませんが)、キッパリ否定して先に進む。
過去の出来事に、意味や意義を求めすぎるというのも考えもの。
ときには罪悪感という多少の重しを背負った方が、人生のバランスが取りやすいということもあります。

いずれにしても、毎日顔を合わせる親が、心の内では「不完全な家族」などと考えている事実の方がお子さん達を傷付けかねません。
敏感に察し、不安になることもあるでしょう。
相談者ご自身の後悔や罪の意識と、娘さんや息子さんの人生は別ものなのだと肝に銘じて下さい。
お幸せに。

山田ルイ53世

山田ルイ53世

お笑いコンビ、髭男爵のツッコミ担当

本名、山田順三。幼い頃から秀才で兵庫県の名門中学に進学するも、引きこもりとなり、大検合格を経て愛媛大学に進学。その後中退し、芸人へ。著書に『ヒキコモリ漂流記』(マガジンハウス)、『一発屋芸人列伝』(新潮社)、『一発屋芸人の不本意な日常』(朝日新聞出版)、近著に『パパが貴族』(双葉社)。
 公式ツイッター

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。