くらし

【玄関編】風水の考え方で、良い“気”が巡る家づくり。

家を整えれば、自分も整う。良い“気”が巡る家づくりを、開運セラピストの紫月香帆さんに教わります。
  • 撮影・黒川ひろみ イラストレーション・イオクサツキ 文・松本あかね

〔玄関〕〝家の顔〟は明るくスッキリ。良い気を招き入れる鏡や緑を効果的に配して。

サワダ アクリル円盤 ミラー 直径200×厚さ3mm 1,886円(東急ハンズ池袋店 TEL03-3980-6111)

(1)明るい色の花を飾る。水替えはまめにすること。

(2)鏡を飾る。円いものがベター。

(3)グリーンを飾る。できれば対になるように。

(4)美しい風景や花の絵か写真を飾る。

「玄関は人に例えると顔。〝明るく清潔にすっきりと〟が一番です」。毎朝、顔を洗うのと同じように、玄関をきれいにするのは最も力を入れたいこと。

「窓や排水口、どこでも気は流れていますが、メインの大きな気というのは、私たちの日常と同じように、玄関から入ってきます。暗かったり、汚れていたり、ものが散らかった玄関からは良い気が入ってきません」

片づけてきれいにした上で鏡や植物、風景画など運気を上げるアイテムを置くのがセオリー。「玄関の扉を背に右側に鏡を置くと対人関係運、左側に置くと金運が良くなります。植物は悪い気を吸って良い気を出すので玄関におすすめ。対で置くと良い気を招く作用も強まります」

【GOOD】

マンションの玄関は暗くなりがち。せめて出入りするときは照明を。「ただいま」と挨拶をして自分から良い気を発するのも忘れずに。玄関がただの通過点にならないように意識を。

【NG】

たたきに出す靴は家族の人数分まで。サンダルなど季節外れのものがあると的外れな人物になる。段ボールは悪い気を、レジャー用品は遊びの気を引き寄せるので玄関は避けて。

紫月香帆

紫月香帆 さん (しづき・かほ)

開運セラピスト

四柱推命と風水をベースとした「十干風水」を確立。著書に『運が良くなる! 間取りとインテリアのHAPPY 風水』(エクスナレッジ)ほか多数。

『クロワッサン』1036号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。