くらし

クリーミーな、きのこと鶏肉の豆乳ピリ辛そば【白央篤司さんの即席めんレシピ】。

料理好きな人のとっておきレシピで、味がマンネリ化しがちな中華風即席めんを満足のいく一品に!
  • 撮影・岩本慶三 文・知井恵理

きのこと鶏肉の豆乳ピリ辛そば

クリーミーなコクで体も温まる。

旬のきのこを存分に味わえる一品。きのこや鶏肉の旨みと豆乳のやさしい風味が溶け合い、クリーミーでまろやかなコクのスープが味わえる。「きのこは数種類合わせて使うと旨みが強くなります」

【材料(1人分)】
棒状ラーメン1束
きのこ(ブナシメジ、ヒラタケ、マイタケなど)120g
鶏もも肉100g
パクチー少々
豆乳100ml
水250ml
A[しょうゆ大さじ1、酒大さじ1と1/2、塩小さじ1/3]
ラー油適量

【作り方】
1.鶏もも肉は一口大に切る。きのこは石突きを取り、ほぐす。
2.鍋に水と1を入れて中火で熱し、沸いたらAを加え、ふつふつと泡立つぐらいの火加減で10分間煮る。
3.豆乳を加えて弱火にし、沸騰させないようにして2分間煮る。
4.別の鍋で麺をゆで、湯をよく切って器に盛る。
5.4の器に3を加え、パクチーをのせてラー油を垂らす。

「きのこは何でもいいですが、いいだしが出るヒラタケは欠かさずに」。きのこ類は加熱すると縮むので、大きめにほぐす。
豆乳を加えたら煮立たせないように注意。「このスープは鍋にも応用できます。秋鮭とじゃがいもの組み合わせもおすすめです」
白央篤司

レシピ提供

白央篤司 さん (はくおう・あつし)

フードライター

暮らしと食や郷土料理を主なテーマに、雑誌、WEB等で執筆中。頑張りすぎない自炊レシピが大好評。『たまごかけご飯だって、立派な自炊です。』(家の光協会)など著書多数。

『クロワッサン』1031号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。