くらし

【紫原明子のお悩み相談】恋愛の仕方がわかりません。

『家族無計画』や『りこんのこども』などの著書があるエッセイストの紫原明子さんが、読者のお悩みに答える連載。今回は誰からも好きになってもらえないと感じる男子学生からの相談です。

<お悩み>

誰からも好きになってもらえる気がしません。22歳男子大学生です。 異性と話してみても、距離の縮め方が分からなかったり、自分の魅力が何か分からず、何もアピールできない自分がいます。そのため、仲の良い異性ができないため、自分も誰かを好きになることもできないです。 そのため、友達の恋愛トークとかについていけなかったり、人から好きになってもらえたことがない自分、モテない自分に対する劣等感を感じてしまいます。 こんな自分にですが、恋愛の仕方を教えて頂ければと思います。宜しくお願いします。

(RY/浪人を経て大学3年生。勉強とスポーツは好きです。交友関係の幅は少し狭いです。)

紫原明子さんの回答

RYさん、こんにちは。お手紙ありがとうございます。

恋愛をしたい、モテたいというお悩みを他人にこんな風に相談できるRYさんは、基本的に何も心配いりません。なぜなら恋愛のための最初のアクションは“世界に他人がいることに気が付く”ことだからです。恋愛をしたいと望みながらも自分だけの世界から出られないことも往々にしてある中で、大学生でありながらクロワッサンonlineの奥地に潜む、見ず知らずの私の存在に気がついてくださり、お手紙を書いてくださったRYさん。あなたはもうすでに素晴らしいロマンスへと続く道に立っています。信じられないかもしれませんが間違いありません。数年前、「今まで彼女ができたことがないのですが、どうやれば恋愛できますか?」と、突然私に相談しにやってきたある男の子は、ほどなくして素敵な恋人に恵まれ、先日ついに婚約したそうです。だからきっとRYさんにもすぐにそのときが訪れるでしょう。もう私からはほとんど何も言うことはないと思いつつ、せっかくなのでもう少しだけ暇つぶしということでお付き合いください。

先程も申し上げたとおり恋愛は一人ではできず、誰かしら相手が必要です。相手を見つけて、話したり、触れ合ったり、感じ合ったりしながら、他の大勢の人とは違う特別な間柄になる。一般的にはそういうのを恋愛と言うと思います。

だから相手を見つけるか、もしくは相手に見つけられなければなりません。だからこそ恋愛を望む人は誰しも自分磨きを頑張ろうとします。自分をより魅力的に、ピカーンと光らせると、光った自分を誰かが見つけてくれると信じています。

ところがRYさんは自分の魅力がわからないとのこと。そうですね、それは何もおかしなことではありません。RYさんに限らず、誰しも自分で自分の魅力に気づくことはできません。誰かに「あなたのこういうところがいいところだね」と言われて初めて気がつくことができる。だからこそ多くの人が、自分の魅力に気づかせてくれる人との出会いを待っています。

ところが往々にして人はこの待ちの時間に、くすぶり、腐り、こじらせるのです。ただ待っているだけ。誰かに何かを働きかけているわけでもないのに落ち込んできたり、腹が立ってきたり、恨みがましい気持ちが沸き起こったりするわけです。だから、自分の運命を偶然に委ねる待ちの時間というのは、できるかぎり少ない方が良いだろうと私は思います。

……で、そうだとすると、やるべきことはただ一つ。RYさんが先んじて、周りにいる人達の魅力に気づく人になる、ということではないでしょうか。「あなたのこういうところ、素敵ですね」と言いに来てくれる人を辛抱強く待つのでなく、「あなたのこういうところ、素敵ですね」と言う人になる。その方が断然、展開が早い。

それに誰かの魅力を見つける側に回るというのは、実はそんなに難しいことではないのです。恋愛対象の子だけにやろうと思うとこれまた難しいので、いっそ老若男女分け隔てなく、出会う人すべての魅力を見つけるボーイになったら良いでしょう。たとえば飲み会でたくさん喋る人がいれば「話が上手いんだね」、黙って根気強く聞いてあげている人には「聞き上手だね」と言う。人の魅力って何も「顔がいい」「スタイルがいい」「頭がいい」ばかりじゃないですよね。むしろ「服のセンスがいいね」「思いやりがあるね」「いい声だね」「靴紐の結び方が天才的だね」など、普段は褒められることのないところを褒められたほうが印象に残るものです。もちろん、嘘は絶対にだめですが、相手をよく知ろうと思っていると、きっと何かしら、すごいな、いいな、と心から思える部分が見つかるはずです。見つかったら、それを素直に口に出す。それだけでいいのです。それだけで相手は、少なくともRYさんが自分のことを見つけてくれたのだと確認することができ、嬉しく思うはずです。

どう頑張っても何ひとついいところが見当たらないという人はそうそういないと思いますが、もしそれでも困ったときは、こんなことを想像してみてください。

今目の前にいるこの人は、約20年前にオギャーっと泣きながら生を受け、ヨチヨチ歩きの頃には転んで怪我をしたり、友人関係で辛い目に遭ったり、親子関係に悩んだり、受験で苦しんだり、もしかしたら手酷く振られたりもして、そんなさまざまな紆余曲折を経て今ここに立っているのでしょう。もしかすると家に帰ればRYさんと同じように劣等感に苛まれ、泣きながら一人でコンビニのおにぎりを頬張る夜だってあるかもしれません。寝言で「お母さん」と呟いているかもしれません。みんなの前では調子がいいのに、自宅では無の顔をして歯を磨いているかもしれません。ほら、ほら。こんな風に考えると「よくぞ今まで一生懸命生きてきたね……」と、その人が生きている奇跡そのものを祝福したい気持ちが湧き上がってきませんか? 私なんか勝手に作り上げたRYさんの架空の友達を思って涙まで溢れてきました。厳しい現代をよくぞ生きてる。きっとRYさんも今泣いてますね。「生きていてくれて、ありがとう」つい口を出そうになりましたよね。そうなったらぜひ、それをそのまま言ってあげましょう。気持ち悪がられるかもしれませんが、それでいいんです。なぜならそれが、愛されるより、愛するってことだから。

“愛されるよりも愛したい マジで”と歌ったのはご存知(ないかもしれませんが)KinKi Kidsですが、世の中には愛するより愛されたい人のほうがマジで圧倒的に多いというのが私の持論です。愛するより愛されたいというのは、能動態より受動態でありたいということで、気づくより気づかれたいということです。誰かを褒めるより、自分が誰かに褒められたい。たくさんの人がそう思っている。だから、褒めてくれる人はとても稀有な存在です。そればかりか、誰かに自信のない自分を認められたい。誰かに能力があると信じてもらいたい。誰かに期待してもらいたい。誰かにうっとりしてもらいたい。誰かに好きになってもらいたい。自分だけでは手に入れられないものを、誰かから受け取りたいのです。だからみんな一見平気な顔をしているようでも、本当は自信がないし、不安だし、他の人に対して漠然とした劣等感を抱いているのです。どんなに自信満々に見える人だって、大なり小なりハッタリをかましているだけなのです。

だからこそ、自信のなさや劣等感に振り回され、待つ身の受け身に回るのはやめて、極力開き直りましょう。どうせみんなも同じなんだから、自分を愛してくれる人を待つのでなく、自分から愛することのできる人になりましょう!

先程、誰かの魅力を見つけられる人になることをオススメしましたが、これは決して小手先の技ではないのです。誰かのいいところを見つけようと相手をよく観察して、その人のこれまでの人生に想像力を働かせることは、他人から喜ばれるだけでなく、RYさん自身にも、人を好きになりやすくなるという効果があると思うんです。他人の魅力を攻めの姿勢で見つけに行っていると、あるときふと誰かの中に、他の子の良さよりも格別に光る良さ、もしくは良さとも悪さともつかない、なんとも言えない不思議なものを見つける瞬間がきっと訪れるはずです。そしたらぜひ、その突然の感覚にとことん身を任せてみましょう。漂うままに、この人が他の人には見せない一面を見たい、この人に触れてみたい、この人の特別な存在になりたい、そんなことを思うようになったら、まさにそれが恋です。

大切なのは、自分をどうにかこうにか作り上げるよりも先に、まずはもっともっと外に、他人に目を向けることです。他人から自分がどう見えるかなんて心配せず、とりあえず棚に上げておいて大丈夫。友達や、これから出会う人のことをもっと良く知ろうとすること、いいところを見つけようとしている人は、たとえどんなにダサい格好をしていたって輝いて見えるはずだから安心してください。そして先述したとおりこれを続ける中できっと、RYさんに特別な感情を芽生えさせる相手が現れるし、そうやって恋に落ちた人がきっと、RYさんだけが持つ魅力も、またRYさんがさらに素敵な大人になるための道筋も、教えてくれるはずです。

RYさんに素晴らしい恋が訪れることを、陰ながら祈っています。

紫原明子さんへのお悩み相談はこちらから!

イラスト:わかる
紫原明子

紫原明子 (しはらあきこ)

1982年、福岡県生まれ。個人ブログが話題になり、数々のウェブ媒体などに寄稿。2人の子と暮らすシングルマザーでもある。Twitter

紫原明子● 1982年、福岡県生まれ。個人ブログが話題になり、数々のウェブ媒体などに寄稿。2人の子と暮らすシングルマザーでもある。Twitter

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。