くらし

栄養たっぷり!香ばしい風味がクセになるごまドレッシング。

欧米で流行中のスーパーフード、テフを知っていますか?優れた栄養価を持つ穀物として欧米を中心に注目を集めています。クロワッサン編集部のやまごやが料理家の松見早枝子さん考案のテフを使ったごまドレッシングを作ってみました。

2020年は自分史上最も自炊をした年となることが夏の終わりにすでに決定しています。そして、このままだと一番運動をしなかった年になるのかも?とも思っています。さらに、パソコンとスマートフォンを使っている時間も増えているんだろうな……。

自分を取り巻く環境が大きく変わった年ですが、身体は大丈夫だろうか、とぼんやり考えてしまう今日この頃、編集部で出合ったのが『ラブリーテフ』。キヌアなどと同じくスーパーフードの仲間だそうで栄養たっぷりかつ手軽に料理に取り入れられるとのこと。

パッケージ裏の栄養表示を見てみると、
「エネルギー:378kcal、たんぱく質:11.3g、脂質:3.1g、炭水化物:80.4g(糖質:71.8g、食物繊維:8.6g)、食塩相当量:0.02g
亜鉛:4.4㎎、鉄:6.3㎎、ビタミンB1: 0.5mg、ビタミンB6: 0.3mg(※100gあたり)」
すごい!! 亜鉛と鉄分がたっぷり入っているー。どちらも意識して摂りたいと思いつつ、あまり摂れていなかった栄養素です。これは習慣化できたらいいかも。

早速クロワッサン1029号でも紹介されている料理家・松見早枝子さん考案のごまドレッシングを作ってみました。

ほぐしたサラダチキンに。
サラダにかけて。

材料(作りやすい分量)
テフ(フレーク状のもの)大さじ4
水90ml
しょうゆ大さじ2
酢大さじ1
砂糖小さじ1
ごま油大さじ2

作り方
1、ミキサーにごま油以外の材料を入れ、とろみが出るまでよくかくはんする。
2、ごま油を加えてよく混ざるまでかくはんして出来上がり!

仕事を終えて買い物をしてちょっと遅めに帰宅。「料理するのはしんどい…」と思ってもすぐ用意できるサラダと茹で鶏にかけて食べてみましたが、これが正解! 淡白な食材をボリュームのある食べ応えにしてくれるので満足感があります。普段からサラダはよく食べますが、お箸の進み具合がいつもよりはやいこと! 香ばしい風味も食欲をそそりました。

この香ばしさ、完全にマンネリ化していた毎日の献立に新鮮な風を吹かせてくれました。誰かに作ってあげたいなぁ。皆さんもぜひ試してみてくださいね!

やまごや

『クロワッサン オンライン』エディター。年に数回の旅行が生きがい。普段は部屋にいることが多いので部屋を快適にしてくれるアイテムを集め中。今年の目標は体を鍛えて腕を2倍の太さにすること。

やまごやの記事一覧

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。