くらし
更新:

常備した塩トマトで作る2つのレシピ【吉田愛さんのスピード料理】

コンロを使わず調理することで、暑さ軽減と調理時短を両立。直火料理と変わらぬ美味しさも実現した料理研究家、吉田愛さんの夏の「火要らず」メニューとは。
  • 撮影・青木和義 料理、スタイリング・吉田 愛

塩トマト

塩と砂糖のみのシンプルな味付けで、アレンジ自在。
肉や魚介のソテーに添えたりカルパッチョにも。

【材料(作りやすい分量)】
トマト大3個(600g)
塩小さじ2
砂糖小さじ1

【作り方】
トマトは1cm角に切る。塩と砂糖を加えて混ぜ、保存容器に入れて冷蔵庫で1日以上おく。
保存期間:冷蔵庫で約5日間

塩トマトとクリームチーズのブルスケッタ

来客時にさっと出せて見た目も華やか。にんにくが入っていないのでさっぱりとした口当たり。

【材料(2人分)】
塩トマト60g
バゲット15cm
クリームチーズ20g
オリーブオイル適量
黒コショウ適量

【作り方】
バゲットは厚さ3〜4cmに切って軽くトースターで焼き、クリームチーズを塗って塩トマトをのせ、オリーブオイル、黒コショウをかける。

塩トマトとしらすのそうめん

塩トマトとしらすだけで旨味は充分。味付け不要の手軽さで、夏にうれしい麺料理。

【材料(2人分)】
塩トマト1カップ しらす30g
そうめん(水でほぐすもの)約400g
大葉の千切り5枚分
オリーブオイル適量

【作り方】
そうめんは袋の表示どおりに洗って器に盛る。しらす、塩トマト、大葉を順にのせ、オリーブオイルをかける。

吉田 愛(よしだ・あい)さん●料理研究家。料理家アシスタント、東京と京都の日本料理店での修業を経て、独立。唎酒師として日本酒に合うおつまみメニューの提案も得意。

『クロワッサン』1026号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。