くらし

【紫原明子のお悩み相談】自分でゴミを捨てない店長にモヤっとします。

『家族無計画』や『りこんのこども』などの著書があるエッセイストの紫原明子さんが、読者のお悩みに答える連載。今回は困った店長との関係に悩む女性からの相談です。

<お悩み>

職場のゴミ捨てについて意見をお伺いしたいです。 アパレル販売をしています。ショップには私と店長の2人だけです。店長とは前々からの知り合いで、店長は私の後継と言ってくれ、仲良くやろうと言われますが、とにかく自分の思った通りに動かないと膨れて、周りに私への不満を言ってしまう人です。色々な状況がからみ、やろうとしたができなかっただけなのに、です。 こういうことはよくあるのだと思うので流していますが、一つだけ違うと感じることがあります。それはゴミ捨てです。ゴミはほとんどが店長が出したゴミで、例えば伝票を入れる箱が前の店長が使っていたものなので気持ち悪いと捨てて、新しいものにしてゆくのですが、そんな感じでゴミが毎日沢山出るのですが、これを捨ててきてと言います。その他の雑用は私がしていますが、ゴミ捨ては休憩の時にでもゴミ捨て場を通るのだから先に休憩の人が持って行くべきかなと思います。ゴミ捨ては下の人間の仕事なのでしょうか。私が店長の時は臨機応変にしていましたし、ゴミ捨てを頼むのは違うと感じるのですが、どうなのでしょうか。

(なみだ/40代)

紫原明子さんの回答

なみださんこんにちは。
なんだか不思議なお手紙。まずは情報を少し整理させてください。

なみださんが働くお店には店長となみださんの2人が働いているんですね。
そして店長はなみださんの後継だそうなので、店長がなみださんより後にそのお店にやってこられたんですね。
さらに後半“私が店長のときは”という言葉が出てくるので、現店長がやってくるまでもしかすると一時的に、なみださんが店長を務めていらっしゃったのでしょう。また、もっとよく読むと、“伝票を入れる箱は前の店長が使っていた”という記述があり、ここで登場する“前の店長”はおそらくなみださんのことではないと思われるので、まとめると、前の店長がいなくなり、代わりになみださんが店長になって、その後現店長がやってきて今に至る、ということですね?

お手紙を拝見する限り、現店長は相当に動物的な感覚の強い方のようにお見受けします。前の店長が使っていたものを気持ちが悪いと言ってゴミにしてしまうのは、前の店長の存在を感じさせるものが自分の縄張りにあることが少しも許せないのでしょう。自分の立場を確固たるものにするために、前の店長の存在を匂わせるすべてのものを、店から極力排除してしまいたいのでしょう。

で、そう考えると、出たゴミをなみださんに捨てさせる理由も自ずと見えてくるようです。何しろ現店長にとっては、なみださんの存在そのものが自分の立場を脅かす“前の店長”にほかなりません。本音では、なみださん自身を店から排除してしまいたい、ゴミに出しちゃいたいと思っている。だからしつこくなみださん自身にゴミ捨て場に行かせるのではないでしょうか。

……と、いただいたお手紙の雰囲気からつい謎解きっぽく展開してしまいましたが、この現店長のようなタイプにはなるべく早めに「私はあなたの立場を脅かしませんよ」という態度を示すのが一番です。誰が偉いのか分からせたいという気持ちで下っ端の仕事を作ろうとしているわけですから、「自分が店長をやるのは負担だったので、来てもらって本当によかった」とでも言って、なみださんに店長になる気がない意志を伝えていれば、そのうちゴミも自分で捨てに行くようになるのではないでしょうか。縄張りで王様ごっこしたいのならどうぞご自由に、というスタンスでいるのが得策かと思われます。
(仮にもし店長の座を奪還したいということであれば、また別途お手紙、お待ちしております)

イラスト:わかる

紫原明子● 1982年、福岡県生まれ。個人ブログが話題になり、数々のウェブ媒体などに寄稿。2人の子と暮らすシングルマザーでもある。Twitter

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。