くらし

カンボジアのエビのブラックペッパーソース【口尾麻美さんのアジアのスパイス料理レシピ】

食品の保存性を高めたり、味わいに彩りを添えるものとして、世界中で欠かせないスパイスの力。アジア各地で根付いた料理を口尾麻美さんに教えてもらいました。
  • 撮影・黒川ひろみ 文・大澤千穂

【カンボジア】エビのブラックペッパーソース

黒こしょう
ピリッと力強い香りで洋の東西を問わす重宝されるスパイス。こしょうの実を収穫後に熟成させたもので、白こしょうとは収穫期や製法が異なる。インド、カンボジアなど熱帯に産地が広がる。

黒こしょう産地カンボジアの爽やかな万能ソースが味の要。

黒こしょうにレモン、塩だけで作る爽やかなソースがエビの甘みを引き立てる。「誰もが知る3つの調味料も、合わさると驚くほど新鮮な味になりますよ」。味の決め手はやはり、挽きたての黒こしょう。「パンチのある香りはエビだけでなく鶏肉や魚介全般、幅広い食材と合います」

【材料(2〜3人分)】
エビ(ブラックタイガー殻付き)10〜12尾
ソース[黒こしょう(挽いたもの)大さじ1/2 レモン(またはライム)汁大さじ3 塩適量]
きゅうり適量(薄切り)

【作り方】
1.エビは竹串で背わたを取り、レモンの輪切り2枚(分量外)を浮かべた湯でさっとゆでる。ソースの材料を混ぜ合わせておく。
2.エビときゅうりを皿に盛り、ソースを添える。

街角や家庭で愛されるローカルの味を、手に入りやすい食材で。

口尾麻美(くちお・あさみ)さん●料理研究家、フォトエッセイスト。アジアなど各国で出合った料理のレシピを紹介。近著に『まだ知らない 台湾ローカル 旅とレシピ』(グラフィック社)。

「消化力を上げるクミンや体を温める八角はじめ、生薬の力が日々の食に根付いているのが、中華圏や東南アジア料理の魅力のひとつ」

と語る口尾麻美さん。今回伝授してくれたのは、日本でも手に入る食材で簡単に作れる各国のローカル食。

「スパイスには素材の味を引き出して深みをもたらす、優れた調味料としての一面も。身近な食材がスパイス一つで新鮮な味に変わります」

高温多湿な日々を乗り切るアジアの知恵を、ぜひこの夏の食卓に。

『クロワッサン』1023号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。