くらし

ギリシャの豚の赤ワイン&コリアンダー煮【美才治真澄さんのヨーロッパのスパイス料理レシピ】

食品の保存性を高めたり、味わいに彩りを添えるものとして、世界中で欠かせないスパイスの力。ヨーロッパ各地で根付いた料理を食卓の新たな定番候補に!
  • 撮影・黒川ひろみ 文・大澤千穂

【ギリシャ】豚の赤ワイン&コリアンダー煮

コリアンダーシード
世界最古のスパイスのひとつ。甘く爽やかな香り。アジアや中近東では粉末にして使うことが多いが、ヨーロッパではピクルスやマリネなどの香り付けにホールで使用する。

粗く叩いたシードの香り高いワイン煮。

肉などを赤ワインとコリアンダーシードで煮込んだ料理は、地中海の島・キプロスの代表的な料理のひとつ。「コリアンダーのスパイシーさと柑橘系の香りが、赤ワイン煮に独特の風味を加えてくれます。シードのプチプチッとした食感も楽しいアクセントに」

【材料(2人分)】
豚肩塊肉400g
赤ワイン150ml
コリアンダーシード大さじ2
オリーブオイル小さじ2
塩小さじ1/4
こしょう適量
好みのハーブ適宜

【作り方】
1.豚肉は4〜5cm角に切る。コリアンダーシードはすり鉢で粗くすり潰すか、包丁で粗く刻む。
2.ボウルに赤ワイン、コリアンダーシードを入れ、豚を漬け込み一晩おく。
3.鍋に2と豚肉が顔を出すくらいの水を入れて強火にかけ、煮立ったら弱火にして1時間ほど煮る。
4.汁気が少なくなったら、オリーブオイル、塩、こしょうを加えて全体を炒め煮する。器に盛り、好みでハーブを散らす。

辛さよりも香り重視で、素材の持ち味を引き立てます。

美才治真澄(びさいじ・ますみ)さん●フードコーディネーター。企業、メディアに向けたメニュー提案、調理、スタイリングなどで活躍中。管理栄養士として栄養相談なども行っている。

中世のヨーロッパ人を大航海へと駆り立てた理由のひとつが、スパイス。当時、手に入りにくいものも多く、今では考えられないほど貴重で高価なものだった。けれど、時代を経て各国に定着したスパイスは、今ではヨーロッパ料理には欠かせないものになっている。

「スパイスは、ヨーロッパで幅広く使われているハーブからは得られない、独特な香りや色付け、防腐作用といった役割を担うもの。味に奥行きやメリハリをつけ、風味や彩りを加えるのにも役立っています」

と、美才治真澄さん。ハーブとともに組み合わせるのも、ヨーロッパ流の使い方。

『クロワッサン』1023号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。