くらし

スパイスを楽しむ、夏の体に優しい温冷ドリンク3つ。【福田里香さんのレシピ】

スパイスを加えることで、なじみのあるお菓子がハッとするような新しい魅力を発揮する。香味や辛味を利かせた、大人のスイーツを菓子研究家の福田里香さんが提案。
  • 撮影・馬場わかな 料理、スタイリング・福田里香

夏の体にやさしい、温冷ドリンクを。

普段のドリンクにスパイスを足すだけで、格段に飲み口がスッキリ。夏向きの味わいに。

ナツメグと黒胡椒のホット甘酒

「温かい甘酒は甘味を強く感じます。胡椒の辛味とナツメグの香りをひとふりし、味を引き締めて」。大人向けのホットドリンクに。

甘酒にスパイスは、とてもおいしい組み合わせ。冷房で冷えた体に優しい飲み物。

【材料(1杯分)】
甘酒180ml
ナツメグ(パウダー)少々
黒胡椒(粗びき)少々

【作り方】 
甘酒を器にそそぎ、電子レンジ(600W)で50秒ほど加熱する。ナツメグパウダーと黒胡椒をふる。

バニラミルクのダルゴナコーヒー

「お菓子系スパイスの中でもバニラは最強。甘いフレーバーはミルキーさとよく合います。高価なので、莢も余さず使うレシピで」

水とコーヒー、砂糖だけで、しっかり泡立てればここまでクリーミーな状態になる。

韓国経由で人気になった泡コーヒー。クリーミーな味わいはインスタントとは思えないほど絶品。

【材料(1杯分)】
バニラミルク(作りやすい分量)[バニラの莢のみ5~10cm程度またはバニラビーンズ2cm分程度、牛乳500ml(未開封のパック)]
上にのせる泡クリーム[インスタントコーヒー大さじ1と1/2、グラニュー糖大さじ1と1/2、水大さじ1と1/2]
シナモンパウダー適宜

【作り方】 
1.牛乳パックにバニラの莢、または切り開いたバニラビーンズを莢ごと入れ、冷蔵庫に一晩置く。
2.泡クリームの材料をボウルに入れ、泡立て器で撹拌してなめらかなフォーム状にする。
3.1を200mlほどグラスに注ぎ、2をスプーンでのせる。好みでシナモンパウダーをふる。

*バニラミルクはそのまま飲んでも、パンケーキやマフィンを作るときに使ってもおいしい。

カルダモンと完熟梅の種ごとコーディアル

「鼻に抜ける独特の香気がカルダモン最大の魅力。熟れた梅果肉の濃厚な味わいに、爽やかな後味を添えてくれます」

写真左は炭酸で割ったもの、右はビールで割ったもの。
梅の種や皮、スパイスもホールで漬けこむことで濃厚な香りと味に仕上がる。

完熟梅は種のまわりの果肉も皮もおいしい。カルダモンの香味が甘酸っぱさをより引き立てる。

【材料(作りやすい分量)】
完熟梅500g
砂糖500g
酢30ml
カルダモン10粒

【作り方】
1.梅は洗って乾かし、竹串で軸を取る。カルダモンは手で割る。清潔なボウルに、梅をナイフで粗くきざんで皮と種ごと入れ(すごく柔らかい場合は使い捨て手袋をした手でつぶしても)、砂糖、酢、カルダモンを加えて混ぜる。ラップなどで密封する。
2.1日置いて水分が出たら(砂糖の粒が残っていてもよい)、鍋に移し、木べらで混ぜながら、3~4分沸騰させて火からおろす。清潔なびんに詰めて冷凍庫で2カ月保存可能。種のまわりの果肉も皮も美味しいのでグラスに入れ、炭酸やビールで割る。

*冷凍庫で保存すると腐敗しない。びんに詰めればにおい移りもなく、糖分で完全に凍らないのでドリンクに使いやすい。
*青梅でも同様に作れるが未熟果は2の手順でがちがちに萎むため、実と種は漉して取り除く。
*アルミの道具類は梅の酸で溶けるので使用しないこと。

福田里香(ふくだ・りか)さん●菓子研究家。季節感のあるレシピで人気。焼き菓子やキッチングッズのプロデュースも手がける。著書に『民芸お菓子』『新しいサラダ』など。

『クロワッサン』1023号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。