くらし

毎日食べても飽きない、おにぎりいろいろ【瀬尾幸子さんのレシピ】。

ひとつで主食もおかずも完結。お弁当の原点・おにぎりを自由に楽しむコツを、瀬尾幸子さんに教わります。
  • 撮影・青木和義 文・新田草子
瀬尾幸子(せお・ゆきこ)さん●料理家。日々のごはん作りに役立つ、合理的なアイデアを提案。『賢い冷蔵庫:ラクするためのおいしい下ごしらえ』(NHK出版)ほか著書多数。

「お弁当を持って出かけるときは、たいていおにぎりかサンドイッチ。おかずを何品も作らなくていいので洗い物を減らせるうえ、ひとつで満足できる。手軽に食べられるのも魅力ですよね」

と、瀬尾幸子さん。使う具材は、よほど汁っぽいもの以外は「何でもOK」が瀬尾さん流だ。まずは、おにぎり。

「唐揚げや海老フライなどのお弁当の定番おかずは、1品だとお弁当にしづらいですが、ご飯で包めばボリュームたっぷりの満足おにぎりに。冷蔵庫に卵しかないときも、炒り卵を漬物と一緒にご飯に混ぜて握れば、目先の変わったランチになります」

具はとことん自由でいいけれど、おいしいおにぎりを作るためにひとつだけルールがあるという。

「おにぎりは冷めてから食べるので、米と米の間に空気があったほうがおいしく感じられます。ご飯をぎゅっと固めず、赤ちゃんの手を握るようなつもりでやさしく握りましょう」

〈ボリュームにぎり〉

お弁当の主役級のおかずを、そのまま入れて握るだけ。「揚げ物は、ソースやしょうゆを衣にしみ込ませてしっかり味をつけるとご飯によくなじみます。カツやさつま揚げのほか、軽く焼いたスパムも意外と合いますよ」

海老フライ

縦に切り込みを入れてマヨネーズ少々を挟み、ソースをまぶして。

鮭フライ

おにぎりの具にするなら、ソースではなくしょうゆをまぶすのがおすすめ。

ウインナー

サラダ油でこんがりと焼いたウインナーを軸に、俵形のおにぎりに。

揚げしゅうまい

残り物も、揚げるひと手間でおいしさアップ。しょうゆ少々を絡めて。

唐揚げ

唐揚げは下味を濃いめにつけておくとよい。しそと一緒に握って彩りよく。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。