くらし

アパレル代表 奥村真理子さんのインスタグラム活用術。

今や「やっているのが当たり前」になりつつあるインスタグラム。
日常に仕事に、そして趣味に、インスタを上手に使う人に、その活用術を聞きました。
  • 文・今井 恵

「大好きな美容を広めたいと、インスタライブも大好評!」

アパレルブランドで仕事をしながら、趣味の美容でインスタグラムを活用している奥村真理子さん。

アパレル代表
奥村真理子(おくむら・まりこ)さん
@skinholictokyo
⇒インスタはこちら)

ファッションブランド「nostalgia」を運営する会社の取締役。大の美容好きで、インスタライブが大人気。2児の母。

「40歳手前で仕事以外に自分が持てる切り札のようなものがほしいなと思っていて、それなら趣味の美容をインスタで発信しようと、始めたのがきっかけです」

自らのスキンケアやメイクアップの様子をライブ配信するインスタライブには、数分で1000人以上が集まるという人気ぶり。

「専用の自撮り棒でスマホを立ててやっています。フォロワーさんの質問にはなるべく答え、使う化粧品もきちんと紹介」

そしてライブを見逃した人のために、それらの化粧品は後日インスタにもアップ。すべて自らの肌で試したものを紹介しているので、美容好きだけでなく、化粧品会社の人も注目を寄せている。

「時には美容皮膚科の施術のダウンタイム中のあまり美しくない状態の肌も載せます。でもそれが正しい美容情報になるかなと思って。私の美容はあくまで趣味。だから事実しか載せません」

プロフィールページには、美しい化粧品の写真だけではなく、文字だけを映した画面も。

「美容医療の施術はタイトルの画像だけ。たとえば“水光注射”なら、水光注射に興味がある人だけが2枚目以降をめくればいいと思って。好き嫌いもありますから」

大好きな美容をもっともっと美容好きの人に広めたい。奥村さんのインスタには、そんな彼女の心意気があふれている。

スキンケアのインスタライブは、夜の9時以降が多い。「帰宅して一段落する時間だから、フォロワーさんも見やすいかなと」。メイク落としや夜のお手入れを配信し、フォロワーからの質問に答え、化粧品の使い方を説明する。

■活用術 プロフィールの下の写真をすっきり見やすく。

大理石風のトレイを撮影用に購入。写真は俯瞰で文字も読みやすく。
奥村さんの写真の並べ方に注目。

「化粧品は俯瞰で、化粧品撮影用に買ったトレイに並べて撮影します。光の入り方を考えて撮影しています」。また写真のアップの順番にも意図的な工夫が見える。「化粧品の写真の合間に、文字のみの画像を挟んでいるんです。目次のように見えてすっきりきれいかなと」

■活用術 ハッシュタグは強烈な言葉遊びで。

くすっと笑えるハッシュタグが並ぶ、奥村さんのプロフィール欄。“#杏仁部” とは、白肌を目指す情報につけるタグ。
インスタで好みの肌を見つけると保存機能で集めている。「美容皮膚科で『こういう肌』と説明にも使えます」

奥村さんがつけるハッシュタグはユニーク。「“#皮膚の変態”は、美容マニアの上を行くイメージ。“#炭酸沼”は、炭酸美容を私は推していて、炭酸の沼に浸かりたいぐらい好きということ。肌が疲れている日は“#多忙フェイス”。フォロワーを増やすより、笑わせたいなと」

奥村さんお薦めのインスタグラムアカウント

@fujiko0207(⇒インスタはこちら)

主婦兼メイクモデルでコスメマニアの藤井明子さん。「フジコちゃんはインスタライブも人気。おしゃれでセンスがいい」

@ako.cosme(→インスタはこちら)

看護師で美容成分知識が豊富なAKOさん。「化粧品や美容医療で使う成分の説明などをいつも感心しながら勉強しています」

『クロワッサン』1019号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。