くらし

ギフトコンシェルジェ 裏地桂子さんのインスタグラム活用術。

今や「やっているのが当たり前」になりつつあるインスタグラム。
日常に仕事に、そして趣味に、インスタを上手に使う人に、その活用術を聞きました。
  • 文・今井 恵

「自分の世界観が出せるインスタ。情報は正確に、できるだけ多く」

ギフトコンシェルジュ
裏地桂子(うらじ・けいこ)さん
@k.uraji
(インスタはこちら)

雑誌や企画展などの商品セレクション、ショップのプロデュースなども。個別指導の生け花教室を主宰。著書多数。

「私の場合、インスタグラムはオフィシャルなもの、フェイスブックはプライベートな友人、知人との交流のツールで、意図が違うものとして使い分けています」

そう語るのは、食通、着物通のギフトコンシェルジュとしておなじみの裏地桂子さん。

「インスタで大切なのはプロフィール画面の写真の配列。ここが美しく見えるよう気をつけます」

俯瞰や無地背景で撮った「おもたせ」や「スイーツ」など「すっきりしたもの」を挟み、画面がごちゃごちゃ見えないよう工夫。

「インスタは情報の発信だと考えているので、誰と行ったとか、友だちとの集合写真は載せず、フォロワーさんたちが知りたいと思う、お店の情報を正確に載せようと心がけています。地図に飛ぶ“位置情報”はもちろん、オフィシャルな相手には“アカウント名”をつけて、その方のインスタに飛べるようにしています」

裏地さんは食や着物を中心に、一日最低でも1本をアップする。

「連投はせず、6時間以上は空けるようにしています。できるだけ午前中に『おはようございます』の書き出しで、元気が出るような情報をあげたいのです」

見る側の立場に立ち、知りたいであろう情報を優先する。

「私自身も他の方のインスタで和ませていただくこともしばしば。大人同士の楽しみの場になり、有意義な活用ができるよう、楽しい情報アップを心がけています」

裏地さん自身の写真をアップする際は、オフィシャルな撮影があったときのみ、と決めている。

■活用術 お薦めするお店の情報はきちんと掲載。

ハッシュタグは情報を伝えるツールとして使う裏地さん。「食の情報としてシェフのインスタアカウントや、着物の場合は小物まで細かくハッシュタグにして、フォロワーさんが調べやすいように工夫します」

着物の情報はハッシュタグを活用。 #大島紬 #泥大島 #名古屋帯 #荒木節子作 #三井寺 #道明など。
おいしい店は位置情報やハッシュタグで情報発信。#神楽坂石かわ #ミシュラン三ツ星 #japanesefood

■活用術 物撮り写真でプロフィール画面を美しくまとめる。

裏地さんがこだわる写真の配列。「インスタは写真を楽しむもの。情報が多い写真ばかりでは息苦しいので、あえて風景写真や、余白が多いものの写真も並べ、プロフィールの下の画面を美しく見せます」

「俯瞰の写真が並んでいると、プロフィールがきれい」。#松寿司 #お土産 #谷中のハッシュタグでいなり寿司を。
写真の撮り方や並べ方を工夫する裏地さんのプロフィール写真の一部。「今年中にフォロワー1万人が目標です」

裏地さんお薦めのインスタグラムアカウント

@higuccini(インスタはこちら)

お料理の写真が多いHiguchiさん。「写真もきれいで内容がおもしろい」

@ibukuro_okinawa(インスタはこちら)

1日3組、完全予約制の沖縄のレストラン『胃袋』。「写真がとても美しい」

@omakasetazzi(インスタはこちら)

京都のカメラマンtazziさん。「京都の風景写真が本当に美しく癒やされます」

『クロワッサン』1019号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。