くらし

利き脳タイプを知って、片付け術を身につけましょう。

既存の片づけ法や収納セオリーを試してみても成功しない。その理由はあなたの脳の特性にあるかも。一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会代表理事髙原真由美さんにお話を伺います。
  • イラストレーション・レモン・フー 文・板倉みきこ

自分の利き脳の調べ方はこちらから!

今回片づけるのはタイプ別で特徴の出やすいキッチン。利き脳の4タイプ別に、片づけ前に行いたい、収納するものの優先順位のつけ方を提案。選別後、ものを整理して維持していく方法は、実例を参考に取り入れてみて。

●右右脳タイプ

なぜ片づかない?
種類や場所を細かく分類するなど、型にはまった整理法が合わない。

向いているのはこんな収納
余計な動きと手間がかからない、ワンアクションで済む方法。

視覚でものごとを捉え、直感で行動する人。機能性よりも、見た目の「好き」がもの選びの基準に。面倒なことが大嫌いなので、片づけはパッと出せて、パッとしまえる「ワンアクション収納」がおすすめ。全体を把握するのが得意なので、空間がコンパクトで、大抵のものは手を伸ばせば取れる位置にあるキッチンは、片づけがストレスにならない人も多いはず。ものを選別したら、見た目をスッキリさせることだけを目指せばいい。

【収納の優先順位】

1.使っている

2.気に入っている

3.宝物・大事・好き

4.それ以外

ツールは使用頻度の高いもの、好きで使えるものだけを残すのが得策。好きの中にもさらなる順位をつけて。

【このタイプの収納成功例】

みりんや酢、粉類は、コンロ近くの引き出しにまとめて収納。詰め替え前提で売られているもの以外は詰め替えない。上から見てわかりやすいよう、詰め替えた容器の蓋に中身を書き記して、確認の手間を省略する。
調味料は容器より味と品質、コストのバランスを優先する右右脳タイプ。よく使うのに液だれするのがストレスになる一品は、ボトルポアラーという、付け替え用の注ぎ口に替えて解決。プロっぽい見た目もポイントに。
1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。