くらし

暮らしを豊かにする、東京のインテリアショップ案内【インテリアスタイリスト矢口紀子さんがおすすめ】

住まいをよりよくする、自分好みの家具や雑貨。活躍中の人気インテリアスタイリスト矢口紀子さんが選んだショップでお気に入りを探して。
  • 撮影・MEGUMI 文・長谷川未緒

CASICA

1.元の倉庫を活かした、味わいのある外観。
2.大胆なディスプレイは、竹ざるといった昔ながらのものの良さを再発見するきっかけにもつながる。
3.人気のモロッコのベニワレン(絨毯)やザナフィ(ラグ)。上質で毛足の長いウールとふかふかの手触りが特徴。5万8000円〜。
4.店内の一角にある観葉植物のコーナー。ワイングラスを花器に使うスタイリングも真似してみたい。
【お店のおすすめ】エキゾチックな空間づくりに。希少な手織りのキリムを張ったスツール。玄関に置いて靴を履くときに腰かけても。2万5000円〜。

時代や国を問わない新鮮なセレクトが魅力。

「ダイナミックかつ静かなディスプレイが参考になる」と矢口紀子さんが語るのは、新木場で銘木倉庫を修復してオープンした『CASICA』。広い店内には洋の東西を問わず集められた古道具や現行品などが置かれている。ショップ内ギャラリーではアートを堪能でき、併設のカフェでは心身を整える食事を味わえるなど、生活をトータルで楽しめる空間だ。

カシカ●東京都江東区新木場1-4-6 TEL.03-6457-0826  https://casica.tokyo

BULLPEN

1.家具のほか、食器から掃除道具まで幅広い品揃え。
2.〈フラットファニチャー〉のフレームフラワーベース。左の細長いものは一輪挿しに最適。4,000円〜。
【お店のおすすめ】木目の豊かな表情が 温かみを醸し出す。別注で製作された〈稲熊家具製作所〉の美しいテーブルランプ。5万4000円。

日本の職人技が光る、リラックスできる家具。

「家具、照明、鏡などが素敵です。家具類はほぼ日本で企画、生産されているというのも良いですね」と矢口さん。職人の技術に裏打ちされた、木の温もりのある家具は親しみやすいと評判。また、ここでしか販売されていない雑貨やスタッフと商品の作り手の両者でアイデアを出し合って生まれた、オリジナル商品のラインナップも豊富。

ブルペン●東京都渋谷区西原1-18-7 TEL.03-6407-0526 https://bullpen-shop.com

HOEK

1.人気商品は〈リトルサンシャイン〉のタオルで、浴室に映える発色の良さと優れた吸水性。800円〜。
2.自然にできたとは思えないかわいい形のフェアリーストーン。さりげなく小皿に並べて。1,200円〜。
3.店内に並ぶのは、趣向を凝らしたデザインのものが多い。
【お店のおすすめ】日用品こそおしゃれにしたい。紙製のティッシュボックスケース。箱型で出し入れしやすい。1,400円。

選び抜かれた小物をインテリアのアクセントに。

店主夫妻が実際に使って納得したものだけを扱っているインテリア雑貨のセレクトショップ。タオルや食器といった暮らしの必需品から、万華鏡などプレゼントにもおすすめの遊び心を感じる品も。「扱っているのはモダンなデザインのものが中心ですが、どことなく有機的で、温もりを感じます。暮らしを豊かにしてくれるアイテムが揃います」(矢口さん)

フーク●東京都渋谷区神宮前2-33-16 チサンマンション原宿502 TEL.03-6805-0146 http://hoek.jp

矢口紀子(やぐち・のりこ)さん
インテリアスタイリスト。雑誌や広告を中心に、雑貨と家具のスタイリングを手がける。ショップディスプレイなども。実際に使って、よいものを提案している。

『クロワッサン』1017号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。