くらし

冷蔵庫の冷凍室、合言葉は“二重包みの保存”。

正しい場所で適切に保存すれば、食材は長持ちし廃棄も減少。そのノウハウを読者の自宅を例に料理研究家の島本美由紀さんに教えてもらいました。
  • 撮影・青木和義 イラストレーション・山口正児 文・矢吹紘子

深さのある下段はメッシュボックスで仕切って空間を有効活用。食材はラップのみだと乾燥しやすいため、ファスナー付き保存袋で二重保存。

Before

After

★工夫ポイント

(1)冷凍した刻み生姜とおから。

(2)ラップに包んだだけだとにおい移りや霜が発生。サイズに合わせたファスナー付き保存袋に入れると、空気に触れる面積が少なくなり、劣化が防げる。

(3)保存袋を横に重ねると上から見えにくい。使うときの視点を重視し、袋を立てるようにして収納する。ブックエンドなどで仕切ってもいい。

(4)茶葉は直接冷凍すると劣化が早い。におい移りを防ぐためパックの口の角を内側に折り、上部を2回折る。クリップで留め保存袋へ。

島本美由紀(しまもと・みゆき)さん●料理研究家。冷蔵庫収納や食品保存、食品ロス削減アドバイザーとしてテレビや雑誌などで活躍。近著は『食品収納の神ワザテクニック』。

『クロワッサン』1014号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。