くらし

【和田裕美のお悩み相談】上司の仕事の振り方が下手で、その煽りを食らうことが多く困っています。

外資系教育会社でのフルコミッション営業で世界142カ国中第2位の成績を収めたキャリアを持つ和田裕美さんが読者の悩みに答える連載。今回は事務能力・管理能力に問題がある上司を持つ部下からの相談です。

<お悩み>
研究開発の職場で働いています。私の上司にあたる男性が研究者あがりの役職者で、専門分野の研究に関してはそれなりに有能なのですが、事務能力・管理能力がほぼ皆無、さらに言うと一般常識に関しても疑問符がつきます。
一人で仕事を抱え、明らかにキャパオーバーに見えるため、「私がやりますよ」と言っても、なかなかこちらに振ってきません。そのまま最後まで完遂すれば別にいいのですが、手遅れ寸前&もう手遅れの段階でギブアップするものだから、会社の存続危機レベルになったことも何回か(それでもクビが飛んだり左遷されたりする職場ではないのです)。
やんわりと、「早い段階でこちらに振っていただければ……」と嫌味を言っても通じません。 悪気はないのだと思いつつも、コミュニケーションも上手くとれないし、何より仕事の効率が悪い。 どんどん一杯一杯になっているのを横で見ているのもストレスが溜まるし、彼のしくじりの始末をするのも腑に落ちないし、今後どのように働いていけばよいでしょうか。 (カリフラワー/30代女性/研究職として勤務中)  

和田裕美さんの回答

カリフラワーさん、ありがとうございます。
まず、その上司のさらに上の人が注意しているのか? という
ことが大きな問題なのですが
文面に書かれてないのでそこは難しいのですよね。
なにより組織を動かすにはどうしても「権威」が必要になるので
もし、その方のさらなる上司に進言できるのなら
告げ口や悪口にならないように
あくまでも相談としてアドバイスを求める立ち位置で聞いてみてください。
たとえば

「〇〇さんは一生懸命に仕事をされているので
   サポートしたいのですが(上司の悪口は言わない)
   こういうところがあって、ギリギリに落ちてくることが多いのです。
   会社が危機的な状況にならないためにも
   どうしたらいいかアドバイスもらえませんか?」

提案する場合は

「この状況をよくするためには
   こういう風なやり方とかこういうルールを作っておけばいいかと
   思っています。(提案)どうでしょうか?」

追加として

「部下の私から提案をするのは、非常におこがましい気がするので
(上司の上司である)〇〇さんから発案して
  いただくことは可能でしょうか?」

こんなことがあって、こんなことがあって、こんなことがあってと
状況から入る説明をするのが多くの女性の癖なのですが
男性は結論から聞きたいので、
今こういう状況だからこうしたい、
なのでこういう提案があるんですけど、どうですか?
と企画として持っていくと相手も動きやすいです。

ただ、

研究職というと
専門知識が豊富な方が多いと思うので
数字やルールを入れて説明した
コミュニケーションのほうが
さらに伝わりやすくなります。

「早い段階で言ってください」を
「10日前までに言ってください」に変更。

「わたしがやりますよ」もどこまでお願いしていいか
わからないのかもしれないので
「ここまでしてくださったら、この作業から受けとります」などです。

直接言う場合の例として

「〇〇さんは仕事がすごくできるので
   頼り切ってしまっているのですが
   提出期限3日前に来ると
   現状として私の仕事量が2倍になってしまいます。
   さらに間に合わないことが過去に〇回ありご迷惑をおかけしたので
   今後は10日前の段階でお知らせいただけますか?
   わたしのほうから納期の10日前になったら確認いたしますね」

ちょっとめんどくさいですが
これは人を動かすためのトーク展開が身につくチャンスです!
どうか自分のためになると思って
最大限その上司の方をぜひフォローしてあげてください。

和田裕美(わだひろみ)●作家・営業コンサルタント。京都生まれ。京都光華女子大学キャリア形成学科客員教授。書籍だけでなくラジオや会員サービス「パワースクール」など各種メディアで情報発信中。代表作に、『人に好かれる話し方』、『世界No.2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』『人生を好転させる「新・陽転思考」』等。新刊に『稼げる技術』(ダイヤモンド社)、『タカラモノ』(双葉文庫)など。
⇒ 公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。