くらし

10歳の少年の目で描く戦時下での不条理コメディ。『ジョジョ・ラビット』

  • 文・永 千絵
ジョジョ(左)の悩みを聞いて、叱咤激励する“空想上の友だち”のアドルフ(右)。

大人は勝手だ。自分たちの都合で世の中を動かし、子どもには「どうせなにもわからないんだから、我々の言うとおりにしていればよろしい」と言う。そんなのにかぎってロクな大人でないのは、今も昔も変わらないような気がする、のだが。

第二次世界大戦下のドイツ、10歳の少年ジョジョはやがて国を背負うための少年団の活動(ヒトラー・ユーゲント)にも励み、充実した毎日を送っている。でも、いったいなんのために、手榴弾を投げたり、本を炎に投げこんだり、見分けるのも難しいユダヤ人について学ばなければならないのか、ときどきジョジョは不思議に思う。おまけに、ちょっぴり臆病なジョジョは「ラビット」とあだ名されて思いっきりヘコむ。そんなとき、ジョジョを励ましてくれるのは想像上の友だち、陽気なアドルフ、そう、国を率いる、あのアドルフ・ヒトラーだ!

10歳の男のコが当時の規範に照らしてマトモでいようと思ったら、アドルフを“心の友”にするのは当然のこと。洗脳に近い形で、国に、ヒトラーに忠誠を誓わされた子どもたちだけれど、身近に起きたある出来事をきっかけに、ジョジョは本格的に「なんだかおかしいぞ?」と疑問を感じ、自分の頭で考え始める。

いつもおしゃれな靴を履いた優しいママがジョジョの靴ひもを結ぶ場面が出てくる。10歳にもなってママが靴ひもを……、と思うんだけれど、足元をきちんと見て、自分の立つ位置を確認し、ブレずに生きることを、ママはジョジョに教えたかったのかもしれない。

そんなママに扮するスカーレット・ヨハンソン、子どもたちに向かって「よぉ、ハイル・ヒトラー!」と挨拶する少年団指導者のサム・ロックウェル、おどけたアドルフ役のタイカ・ワイティティ監督(ユダヤ系!)が、それぞれ演技賞モノの素晴らしさ! そして臆病な子どもだったジョジョが、最後の最後に見せる表情ときたら! 主演のローマン・グリフィン・デイビスくんはまだあどけない子どもなのに、そこだけ、どきっとするくらい、深い“大人”の顔になっていた。

訓練中に負傷したジョジョ(右)はママ(中央)の訴えで大尉(左)のもとで奉仕活動を行う。
手榴弾片手に張り切るジョジョ。
自宅の隠し扉にはユダヤ人の少女(右)が匿われている!

永 千絵
えい・ちえ●1959年、東京生まれ。映画エッセイスト。現在カード情報誌の連載をはじめ、各誌で映画評を執筆する。

『ジョジョ・ラビット』
監督、脚本:タイカ・ワイティティ 出演:ローマン・グリフィン・デイビス、スカーレット・ヨハンソン、トーマシン・マッケンジー、サム・ロックウェルほか 1月17日より全国公開。
http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/

(C)Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL,Telefónica Audiovisual Digital SLU, RTVE

『クロワッサン』1013号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。