くらし

裏切られる仕組み、そして克服。│束芋「絵に描いた牡丹餅に触りたい」

「裏切られた」と感じたとき、実際に裏切りがあったかどうかは別の問題だ。

通常の生活において、信用してない人や気にかけてない人から裏切られるということはない。どんな悪意をむけられたとしても、元々信用してないのだからそれは想定内で、裏切りにはならない。
「裏切られた」と感じるのは、信用していた人に思いがけずショックを与えられたときで、これはかなりこたえる。愛情をかけていればいるほど、相手が自分の思い通りにならなかったとき、「裏切られた」と感じてしまう。
ということは、「裏切られた」と感じるということ自体、とても身勝手な話だ。勝手に信用し、愛情をかけ、「きっと私の思っているように行動してくれるだろう」と期待して、そのように行動しなければ「裏切られた」と感じてしまうのだ。相手は、こちらがそんなに自分を信用していることも愛情をかけていることも知らない。信用も愛情も客観的に物理的な量を測ることはできないし、それができたところで、愛情の量に見合うだけ、思いを汲んで行動するというものでもない。
「どうしてわかってくれないの?!」という勝手な言い分は、その怒りの分、相手にストレスをかける。信用し、愛情のある相手にストレスをかけるのは本意ではない。こうなってしまったら、やっぱりじっと我慢して、勝手に信用し続けるしかないのだろう。

こうやって文章にし、読み返すことで自分を納得させると、心にたまった黒いものがスッと抜けていく。だから「裏切られた」という思い込みによる哀しみや怒りは、結局、自分でしか処理できないものだということだ。

束芋(たばいも)●現代美術家。近況等は、https://www.facebook.com/imostudio.imo/にて。

『クロワッサン』1009号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。