くらし
更新:

瀬尾幸子さんに教わる「さんま」のレシピ。

価格が手頃でDHAなどの栄養価も高い、青魚。ささっと作れて応用が利く便利なレシピを、瀬尾幸子さんに教わります。
  • 撮影・黒澤義教 スタイリング・荻野玲子 文・新田草子 撮影協力・UTUWA

さんまのビビンパ

 1尾を丸ごと丼に。さんまの新たな味わい方。

蒲焼き風のさんまをたっぷりの野菜で、韓国風丼に。ごはんと具、コチュジャンが一体となるようによく混ぜて。

【材料(2人分)】
さんま(開き)2尾、A[にんにく(すりおろし)小さじ1/2、酒小さじ2、しょうゆ小さじ2]、水菜1〜2株、春菊4本、万能ねぎ6本、パプリカ1/4個、小麦粉大さじ2、ごはん茶碗2杯、ごま油適量、白ごま大さじ2、コチュジャン小さじ2

【作り方】
1.Aをボウルで混ぜ、さんまに絡めて3分ほどおく。汁気を切り、小麦粉を全体にまぶす。
2.春菊は葉先と柔らかい茎だけを選びざく切りに、水菜は根元を切り落としざく切りにする。万能ねぎは小口切り、パプリカは縦に細切りにする。
3.フライパンを中火で熱してごま油大さじ1をひき、1のさんまを入れて両面をこんがりと焼く。
4.器に温かいごはんを盛り、2の春菊、水菜、パプリカと3をのせる。ごま油少々を回しかけ、コチュジャンをのせ、万能ねぎ、白ごまを散らす。全体をよく混ぜていただく。

さんまの梅煮

酒と梅干しの力で、ふっくらと柔らかく。

冷たい調味液と魚を鍋に入れ、アルコールを飛ばしながら煮て臭みを除く。味を含めるための落とし蓋も忘れずに。

【材料(2人分)】
さんま2尾、梅干し1個、酒50ml、しょうゆ大さじ3、砂糖大さじ1と1/2

【作り方】
1.
さんまは頭を落とし、内臓を抜いて水でさっと洗う。長さを半分に切り、すべてぴったりと並ぶ大きさの鍋に入れる。
2.種を取った梅干しと酒、しょうゆ、砂糖、水100mlを加え、強火にかける。煮立ったら弱めの中火にして落とし蓋をし、煮汁が少し残るくらいまで煮る。

瀬尾幸子(せお・ゆきこ)さん●料理家。「家庭料理は頑張りすぎない」がモットー。下ごしらえのコツをまとめた著書『賢い冷蔵庫』(NHK出版)が好評発売中。

『クロワッサン』1009号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。