くらし

簡単なのに、きちんとおいしい。お酒が進む、絶品おつまみ。【ツレヅレハナコさんのレシピ】

  • 撮影・馬場わかな スタイリング・久保百合子 文・河野友紀

卵豆腐と大葉の春巻き

【コツ!】ふわっと巻くとサクサク感が残る。 巻き終わりは水溶き小麦粉でしっかりとめる。

層状の皮の中にとろける卵豆腐。

【作り方】
1.春巻きの皮1枚に対して大葉2枚、卵豆腐1/2個分を並べ、ふわっと巻く。
2.フライパンに1cmくらいの深さに油を入れて180度に熱し、1を並べ入れて揚げる。皮が色づけば出来上がり。

浅漬け

【コツ!】可食部の重量に対して、塩の分量は2%。

塩と野菜の比率を覚えれば完璧。

【作り方】
1.野菜(あるもので、なんでも)の可食部の重量に対して2%の分量の塩をまぶす(900gならば900×0.02=18g。18gの塩はほぼ大さじ1)。
2.1に酢大さじ3、砂糖大さじ1、昆布3cm角を1枚、赤唐辛子の小口切り3本分を加え、ポリ袋などに移して空気を抜く。
3.1時間程度置き、ごく軽く絞って食べる。冷蔵庫で4日ほど保存可能。

しょうがバター醤油の豆腐ステーキ

【コツ!】豆腐は水切りせずに、軽く水分を拭いて粉をはたくと、たれとの絡みがよくなる。

しょうが風味の甘辛味がクセに。

【作り方】
1.豆腐1丁を2等分し、厚みを半分に切る。ペーパータオルなどで軽く水分をとり、薄力粉(または片栗粉)を両面にはたく。
2.フライパンに油大さじ1をひいて両面がカリッとするまで焼く。酒・醤油各大さじ2、みりん大さじ1、おろししょうが1/2かけ分、バター10gを加えて煮絡める。皿に盛り、好みの野菜を添える。

1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。