くらし

簡単なのに、きちんとおいしい。お酒が進む、絶品おつまみ。【ツレヅレハナコさんのレシピ】

家飲みのお供になるおつまみ。ささっと作れるのに満足感の高い品を、料理とお酒が大好きなツレヅレハナコさんに教わりました。
  • 撮影・馬場わかな スタイリング・久保百合子 文・河野友紀

お酒好きとして知られる料理編集者のツレヅレハナコさん。いわゆる“おかず”とおつまみの違いを尋ねると、

「まずは時間をかけずに作れること。長くても15分程度で出来上がるのが理想です。飲みながら作るときは、缶ビール1本飲み切る程度の時間で1品作り終えたいですね。それからメインとなる食材は2品、多くても3品程度で、意識しているのは、スパイスやマスタードなどアクセントとなる材料を1つ加えるということ。おつまみは味を濃いめに、という方もいますが、私の場合は濃さより“メリハリ”重視。そうすることで味のエッジがはっきりするのでお酒が進みますし、少しつまんだだけでも満足感が得られます」

バリエーション豊富なツレヅレさんのおつまみレシピから、厳選の12品を紹介。秋の晩酌のお供にぜひ。

青菜のオイル蒸し

【コツ!】鍋の中でオイルと絡め、蒸し煮に。素材の水分が逃げず、味が凝縮。

レモンを搾ると野菜の味が際立つ。

【作り方】
1.蓋がしっかり閉まる鍋に青菜(写真は小松菜1/2把とスナップエンドウ適量)を入れて、酒大さじ2、オリーブオイル大さじ1、塩小さじ1/3を加える。
2.弱火にかけ、1分ほどしたら一度蓋を開けて全体を混ぜる。さらに1分ほど加熱し、皿に盛ってレモンを搾る。

卵ときくらげ炒め

【コツ!】油分であるマヨネーズを 加えることで、むちっとした食感に仕上がる。

絶妙な柔らかさとコク深い味。

【作り方】
1.きくらげを水で戻し、さっと茹でておく。
2.卵4個を割りほぐし、マヨネーズ大さじ1を入れる。塩小さじ1/3、黒こしょう少々、長ねぎのみじん切り5cm分を加えて混ぜる。
3.フライパンに油大さじ1強を入れて熱し、2を加えてゴムべらで混ぜ、卵が半熟になったら1を入れ、軽く混ぜて火を止める。

豚しゃぶの梅だれ

【コツ!】肉を入れたら火を止め、余熱で充分。色が変わったらざるに上げ常温で冷ます。

ふわっと瑞々しい食感に感激。

【作り方】
1.鍋に湯を沸かし、沸騰したら豚バラしゃぶしゃぶ用薄切り肉を入れる。すぐに火を止めて菜箸でほぐし、肉の色が変わったらざるに上げて冷ます。
2.皿に好みの野菜を敷き、1をのせる。梅肉・オリーブオイル・めんつゆ・水・砂糖各適量を混ぜた梅だれをかけ、ごまをふる。

1 2 3 4
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。