くらし

たらこのパスタのレシピ【松田美智子さんの定番料理】

「家庭料理の香りと味は、幸福な記憶になる」とは、料理家・小林カツ代さんが生前残した言葉。
家族みんなの記憶に残るひと皿は、特別豪華でなくていい。一見地味でも、ただ“おいしい”だけでいいのです。そのために、定番料理をワンランクアップさせるコツをプロが指南。食卓を囲む笑顔がきっと増えますよ。
  • 撮影・青木和義 文・板倉ミキコ

たらこのパスタ

中学生の頃から作り続けて進化した、愛着ある和風パスタ。

「中1の頃、本を見ながらアレンジして作ったのが最初。トッピングのたらこソースは、ご飯にのせて食べてもおいしいです。小麦の味がしっかり感じられるイタリアの伝統的なパスタを使うなど、大人仕様に少し変わりましたが、ふとしたとき食べたくなる一品です」

【材料(1人分/ソースは4人分)】
ソース[たらこ2腹 玉ねぎ1/2個 醤油大さじ1 米酢大さじ1 レモン汁大さじ1 オリーブオイル大さじ2 塩・白こしょう各少々] パスタ90g 塩大さじ1 C[大葉2~3枚(ちぎる) 海苔適量 バター小さじ1]

【作り方】
1.ソースを作る。たらこを縦半分に切り中身をスプーンで出す。玉ねぎはみじん切りにして水にさらし、よく絞る。ソースの材料をすべて合わせ10分ぐらい置く。
2.大きめの鍋に湯1リットルを沸かし、塩を加えてパスタを好みの硬さに茹でる。器にパスタサーバーですくい入れ(少し茹で汁が入ってもよい)、たらこソース、Cをのせ、よく混ぜて食べる。
*ソースは密閉容器で2〜3日冷蔵保存可能。

【コツ!】

みじん切りにして水にさらした玉ねぎは 水分をしっかり絞って使うこと。シャキシャキの食感がソースに加わり、かさ増しの役割も担ってくれる。
「食材の味をしっかり感じられ、 満足感を得られる料理が好き」

松田美智子(まつだみちこ)さん●神奈川県鎌倉市出身。和食文化に精通し、食感と食材の味を活かしたレシピに定評がある。「日々の料理は生活を楽しむためにあるのだと思います。手間をかけずに美味しく仕上げるコツを身につけ、盛り付けにほんの少し気を使うだけで、見た目も味も格段に変わるものです」

『クロワッサン』1005号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。