くらし

スパイシーから揚げのレシピ【渡辺有子さんの定番料理】

「家庭料理の香りと味は、幸福な記憶になる」とは、料理家・小林カツ代さんが生前残した言葉。
家族みんなの記憶に残るひと皿は、特別豪華でなくていい。一見地味でも、ただ“おいしい”だけでいいのです。そのために、定番料理をワンランクアップさせるコツをプロが指南。食卓を囲む笑顔がきっと増えますよ。
  • 撮影・青木和義 文・新田草子

スパイシーから揚げ

冷蔵庫に眠っているスパイスが活躍する、ピリ辛から揚げ。

「複数のスパイスを下味に使った、大人向けのから揚げ。ごま油と醤油も加わって、香りと味わいにさらに奥行きが。から揚げは包容力がある料理。余りがちなスパイスを使って、いろいろな風味を楽しんで。低温と高温の二度揚げが、カリッと仕上げるコツです」

【材料(作りやすい分量)】
鶏手羽元10本 A[塩小さじ1/3 黒こしょう小さじ1/5 カレー粉小さじ1と1/2 コチュジャン小さじ1と1/2 醤油小さじ1と1/2 きび砂糖小さじ1/2 ごま油小さじ1] 片栗粉・揚げ油各適量

【作り方】
1.鶏肉はボウルに入れてAを揉み込み、冷蔵庫に入れて30分以上置く。
2.フライパンに揚げ油を注ぐ(火にはまだかけない)。冷たい油に片栗粉を薄くまぶした1を入れて中火にかける。
3.色よく揚がってきたら一度バットに取り出し、強火で揚げ油を高温にしてから、再び鶏肉を入れて表面をカリッと揚げる。油をしっかり切る。

【コツ!】

油を火にかける前に鶏肉を入れ、徐々に温度を上げて中まで火を通す。一度引き上げて肉を落ち着かせてから、今度は高温の油で香ばしく揚げる。
「特別な材料がなくても作れる、シンプルな料理が自然と定番に」

渡辺有子(わたなべゆうこ)さん●東京都出身。「母は同じレシピを同じ手順できっちり作る達人でしたが、私は繰り返し同じ料理をあまり作らないタイプ。定番料理には、母から受け継いでアレンジしたものも多いんです」。この夏、セレクトショップ『FOOD FOR THOUGHT』の2号店を東京・西荻窪にオープン。

『クロワッサン』1005号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。