くらし

音楽の普遍性が感じられる3枚組ベスト。竹内まりや『Turntable』

  • 文・神舘和典

時間が経過しても懐メロにならない、普遍性をまとったポップミュージックは、何が特別なのか――。

そのヒントを竹内まりやさんの作品に見つけられる。失った恋を描いても、許されざる愛を描いても、どこかに希望が感じられるのだ。希望は色褪せない。だから、1970年代、’80年代の曲も今が感じられる。かつてそんな感想を伝えたら、本人にはとくに意識はなく、気づくと歌に希望が盛り込まれているそうだ。

「でき上がった曲を並べて、結果としてどの作品にも希望が見えるとしたら、それは私の性分というか、人生観のせいかもしれません」

音楽は生き物。作り手や歌い手の生き方がどうしても音に表れる。

竹内まりや『Turntable』1978年のデビューから40年間の初CD化曲、セルフカバー、洋楽カバーなど全62曲。山下達郎とのデュエット曲「For Your Love」や映画『ダンボ』の主題歌も収録。ワーナーミュージック・ジャパン 4,000円。

9月4日にリリースされる、竹内さんのデビュー40周年記念アルバム『Turntable』は3枚組。

1枚目は、過去のベスト盤に収められていないモア・ベスト集。2枚目は、ほかのアーティストに書いた曲のセルフカバーや自身の曲の別テイク。3枚目は、洋楽のカバー集。シンガーとして、ソングライターとして、さらにリスナーとしての竹内さんの歩みも聴くことができる。

女性シンガーの多くは、年齢を重ねるとともに声が低い音域に移行していく。ところが、竹内さんの声は20代のころからほとんど変わっていない。アルトあたりの音域でずっと音の物語を歌っている。

そして、一緒に歌い演奏するメンバーが変わると、竹内さんはまるで別のシンガーであるかのように、違う風景やシーンを見せてくれる。

3枚目の洋楽のカバー集では、杉真理さんらのバンド、BOXとビートルズナンバーを歌うと、港町リバプールの匂いを感じる。センチメンタル・シティ・ロマンスと共にイーグルスの「Tequila Sunrise」を歌うと、アメリカ西海岸のさわやかな風が吹く。2年前にこの世を去ったギタリスト、松木恒秀さんが率いたWhat is HIP?と一緒にザ・バンドの「Out Of The Blue」を歌うと、土の香りがしてくる。

まぶたを閉じて聴くと、鮮やかに景色が見え、風の匂いがする。

デビューアルバムから40年間の音の歩み

モア・ベスト集は、結婚前、結婚後、両方のレーベルのCDから選曲。

『Beginning』
『UNIVERSITY STREET』
『Love Songs』
『REQUEST』
『Bon Appétit!』
『TRAD』

『クロワッサン』1004号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。