くらし

磨き上げられたセンスが光る!カッコいい大人のおしゃれスナップ。

いくつになっても自分流におしゃれを楽しみたい! 年齢を重ねて、ますます素敵な10人に、装いと生き方のヒントを聞いた。 
  • 撮影・中村ナリコ、岩本慶三 文・長谷川未緒

「使い込むほどに、魅力的になるものが素敵。」

勝屋まゆみ(かつや・まゆみ)さん (67歳)「how to live」デザイナー。
自身がデザインした、箔加工のキャンバスバッグ。「使う人によってくたびれ方が違うところが魅力」
勝屋まゆみ(かつや・まゆみ)さん (67歳)「how to live」デザイナー。
自身がデザインした、箔加工のキャンバスバッグ。「使う人によってくたびれ方が違うところが魅力」

「小学生の頃から、デニムパンツが好きでした。自由とおしゃれの象徴だと思っています」

と話すのは、布製品のブランドを主宰する勝屋まゆみさん。

穿き心地がよく、どんなときも自分らしくいられるデニムパンツを選ぶことが大切。自らも、使い込むほど魅力の増すもの、愛着が湧くものを作れたらうれしい、と語る。

「心がワクワク・ドキドキすることを大切にしていきたいですね。そうすると、自分が生き生きしてくると思います」

10月25日(金)〜28日(月) 伊勢丹新宿店・本館6階、12月18日(水)〜24日(火) 松屋銀座・7階にて開催されるイベントに出店予定。詳細は「how to live」のHP(https://www.howtolive.biz)で。

「この年齢で得た思いがけない自由に、 服も人生も新しく挑戦中。」(小畑さん)

「伊達に長生きしてないから、 自分流に楽しめるの。」(西村さん)

(右)小畑滋子(おばた・しげこ)さん (82歳)「call」スタッフ (左)西村悦子(にしむら・えつこ)さん (78歳) 「call」スタッフ
〈ブルネロ クチネリ〉のシャツの首元にのぞくネックレスは〈シャネル〉で、20年以上愛用中。(小畑さん)
オリジナルデザインでオーダーした指輪の色に合わせて塗ったネイル。指先までぬかりなし。(西村さん)
(右)小畑滋子(おばた・しげこ)さん (82歳)「call」スタッフ (左)西村悦子(にしむら・えつこ)さん (78歳) 「call」スタッフ
〈ブルネロ クチネリ〉のシャツの首元にのぞくネックレスは〈シャネル〉で、20年以上愛用中。(小畑さん)
オリジナルデザインでオーダーした指輪の色に合わせて塗ったネイル。指先までぬかりなし。(西村さん)

〈ミナ ペルホネン〉を颯爽と着た、暮らしの中で感じる心地よいものを紹介するお店『call』のふたり。

「主婦でしたが、夫を見送って得た自由に奮起して働くことに。こういうスカートを穿くのも新しい挑戦ですし、お友だちもできて、今が一番楽しいです」(小畑さん)

「スカートは小畑さんからもらった布で作ったの。髪だって自分で切るし、伊達に長生きしてないから何でもやっちゃう。明日はもっといいことがある、と好奇心いっぱいに生きたいですね」(西村さん)

「おしゃれはアイデア。 人と同じじゃつまらない。」

竹林和子(たけばやし・かずこ)さん(76歳) 主婦
工夫することが得意で〈ジョージジェンセン〉と〈アクリリック〉を自分で組み合わせたイヤリング。
ネックレスは「美意識の高さが魅力」と〈ヨーガンレール〉。
竹林和子(たけばやし・かずこ)さん(76歳) 主婦
工夫することが得意で〈ジョージジェンセン〉と〈アクリリック〉を自分で組み合わせたイヤリング。
ネックレスは「美意識の高さが魅力」と〈ヨーガンレール〉。

「普通の主婦ですから」と謙遜するが、〈プレインピープル〉のコートに作家もののストールが絶妙な色合わせの竹林和子さん。美術館巡りが好きで、色のバランスは絵画から学ぶことが多い。

リネンのパンツは自作と聞いて、思わず取材スタッフが「素敵!」と言うと、「いくつになってもほめられたいから、うれしいわ」と。

「何でもない日でも、ほかの人とは違うおもしろいものや、はっとするようなものを身につけて、元気に過ごしたいと思っています」

「服は皮膚みたいに、自分を表すものだから。」

増田飛鳥(ますだ・あすか)さん (51歳)バッグデザイナー
〈カズサイトウ〉のシャツの首元は、イタリア・ムラノ島で求めたガラス細工のネックレス。
「楽しい気持ちになるように」と自身がデザインしたバッグ。素材使いや飾りに手仕事が光る。
増田飛鳥(ますだ・あすか)さん (51歳)バッグデザイナー
〈カズサイトウ〉のシャツの首元は、イタリア・ムラノ島で求めたガラス細工のネックレス。
「楽しい気持ちになるように」と自身がデザインしたバッグ。素材使いや飾りに手仕事が光る。

「16歳からショートヘアです。長いより、自分らしいと思って」

と、バッグデザイナーの増田飛鳥さん。服も、人間性を覆い隠さず、皮膚のように自分らしさを表現するために着たいと言う。

26年暮らしたイタリアから東京へ戻り、4年前からインドネシアの職人とバッグ作りを始めたことで、肩の力が抜けてきたと語る。

「若い頃は肩肘張って頑張っていましたが、これからは軽やかに、素直な自分でありたいので、もっとシンプルな装いをしたいですね」

「自分には似合わないという思い込みを捨てること。」

大貫まりこ(おおぬき・まりこ)さん (60歳)スタイリスト
スタッズ使いが印象的なレザークラッチバッグ。「服が無地なので、バッグは表情のあるものに」
軽やかなチュール付きのレザーキャップ。「服に色があるときは、黒で引き締めるのがおすすめ」
大貫まりこ(おおぬき・まりこ)さん (60歳)スタイリスト
スタッズ使いが印象的なレザークラッチバッグ。「服が無地なので、バッグは表情のあるものに」
軽やかなチュール付きのレザーキャップ。「服に色があるときは、黒で引き締めるのがおすすめ」

パープル&イエローの装いが目を引くスタイリストの大貫まりこさん。年齢を重ねて、発色の良いカラフルな服を着るようになった。

「きれいな色ね、と言われるとうれしいし、気持ちも明るくなります」

世界にはたくさんの色があるから、海外の女性のように、日本の女性も色を楽しんだらいいのに、とも語る。

「もう年だとか、この色は似合わないという思い込みは捨てるのがいいですよね。チャレンジ精神で、自由に好きな格好をしたほうが人生が楽しくなると思います」

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。