くらし

【和田裕美のお悩み相談】慣れない投資にチャレンジしたら失敗しました。

外資系教育会社でのフルコミッション営業で世界142カ国中第2位の成績を収めたキャリアを持つ和田裕美さんが読者の悩みに答える連載。今回は投資に手を出したものの損をしてしまった女性からの相談です。

<お悩み>
会社員生活も30年目。これまで貯金はすべて銀行の普通預金に預けていました。
ある日知人から、今後物価が上がっていくことを考えると一部は株や投信にしておいたほうがいいとアドバイスされ、思い切って300万くらい投資信託や株(しかもかなりの安定銘柄)を買ってみたのですが、半年後、ふたを開けてみれば20万以上も損しているありさま。
よく考えたらこの30年、たいして物価も上がらなかったし、結局は現金で持っていた私はわりと賢かった気もしてきました。20万を預金の金利で稼ごうとするとものすごく大変なのに、たった半年で失ってしまうとは、怖いです。
「やっぱり私に投資は向いていないのかなー」としょんぼりする日々。 和田さんは投資、運用を考えるときに誰の情報、何を参考にしますか? 賢いお金の増やし方についてアドバイスがあればぜひ! (まめたろう/女性、50代会社員。未婚です)

和田裕美さんの回答

まめたろうさん、ありがとうございます。

初めての投資で、20万以上も損をしたということで
確かにショックですよね。
でも、
投資は損をしたら「授業料」と思ってください。
そこで経験することが大事。

わたしはそんなに投資は専門ではないので
友人の勝間和代さんに聞いたりもします。
絶対に安全性があるもの、かならず企業が大きくなるものということで
海外の企業を集めた商品があるので、
そういった商品をひとつかふたつ持っておけばいいんじゃないかと、
勝間さんは言っていました。
とにかく投資をするなら
あまり一喜一憂せず
失敗もしながら学んでいくしかないです。

私の場合は、どちらかというと、
節約でもなく、投資でもなく、
価値のあることにお金を使って
価値のあるものを生み出したい。
「稼ぐ」ことに興味があるほうです。

「20万以上損しているありさま」とありますが、
それは20万円しか損していないという事実でもあります
あと、20万稼ぐにはどうしたらいいかということを
サラリーマンのお給料にプラスして
考えてみるほうが、私は好きなんですね。
メルカリでもいいし、アルバイトでもいい。
お金を貯めるよりも経験を貯めたほうがいいんです。

またすぐにはお金にならなくても、
自分が誰かの役に立って、
それで1万でも2万でも入って来る
方法がないか?
「ありがとう~~!!」って言われて手にした
1万、2万のほうが自分の価値、むちゃむちゃ上がるんですね。
だから、お金を稼ぐということは、
自分の価値が上がるということなので、
人生が楽しくなっていくということなんです。
ぜひそんな風に考えてみてください。

和田裕美(わだひろみ)●作家・営業コンサルタント。京都生まれ。京都光華女子大学キャリア形成学科客員教授。書籍だけでなくラジオや会員サービス「パワースクール」など各種メディアで情報発信中。代表作に、『人に好かれる話し方』、『世界№2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』『人生を好転させる「新・陽転思考」』等。新刊に『稼げる技術』(ダイヤモンド社)、『タカラモノ』(双葉文庫)など。
⇒ 公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。