【12月1日〜14日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【12月1日〜14日の流れ】
物事が勢いよく動いていくときですが、やや「エネルギー過剰」な運気が予測されます。ほどよい勢いの火が私たちをあたためてくれる一方で、強すぎればあたりを燃やし尽くしてしまうように、エネルギーも強いことばかりが良いものとは限りません。こうした時期は適度に勢いに乗りつつも、ほどほどで満足しておくくらいのほうが結果的にいい調子となりそうです。手に余るものは、自分にとって負担になるということもぜひ覚えていらしてください。ただでさえ忙しい師走です、無理なくやってまいりましょうね。
  • 文・真木あかり

七赤金星

総合運

何かと注目を集める運気。仕事では脚光を浴びたり、仲間内では羨ましがられたりと嬉しいことも多いです。ただ吉凶がビビッドに出やすい時期で、いいことも悪いこともくっきりと強く感じられます。見た目をとやかく言われたり、揚げ足を取られたりと、息苦しさを感じることも多いでしょう。そんなときは「他人には言わせておけばいい」と割り切るのが一番。「ご意見ありがとう!」なんて爽やかに笑っていれば、見当違いな指摘も次第に減っていくはずです。

対人運

もしも身の回りに、何かと威張り散らす「ボスキャラ」的な人がいたら要注意。この2週間はなぜか、何かと目の敵にされる予感です。できるだけ距離を置いて、かかわらずに過ごすといいでしょう。あなたに非はないので堂々としていればOKですが、「君子危うきに近寄らず」という言葉もあります。あちらはあちらで、自分の鬱憤は自分で解決すべきなのですよね。放っておきましょう。

金運

身近な人の話で景気の冷え込みを実感することに。でも、しょんぼりしていてもはじまらないのも事実。今は今なりに元気でいればOKと考え、気持ちを切り替えていきましょう。新たに副業を検討している人は、今年いっぱいは検討に留めたほうが良さそう。慌ててトライしても、年末年始の休みがつぶれるなどあまり良い結果は期待しにくそうです。

吉方位

1日:南西、北西 2日:東、南、西 3日:南東、北東 4日:自由に過ごす日 5日:東、北西 6日:南東、南西 7日:東、西 8日:南東、南、北西、北東 9日:東、北西 10日:南西、北東 11日:東、南、西 12日:南東、北東 13日:南東 14日:東、北西

七赤金星の基本性格
秋、稲穂が頭を垂れ木々が豊かに実るように、豊かさや充実といったエネルギーを持つ人です。いつも明るく愛嬌たっぷりで、いるだけでその場がパッと明るい雰囲気になり、自分も人も楽しむことを大事にするので人気があります。センスが良く、流行を誰よりも早く押さえていたり、トレンドをファッションに取り入れたりするので、オシャレな人も多いでしょう。ただこのカンの良さがネガティブな方向に発揮されると、言葉の棘で相手を刺しにいったり批判能力だけが強調されたりと、キツい人と誤解される危険も出てくるでしょう。ポイントは聡明さ。頭の回転が早くコミュニケーション能力に優れているので、ポジティブな表現を心がけるとあなたが本当に伝えたいことが、まわりに理解してもらいやすくなります。仲間にも恵まれ、幸せの幅も量も大きく広げていくことができるでしょう。ちなみに、明るい性格のわりに、いったん落ち込むとどこまでもネガティブになっていく傾向も。起きたことを引きずらず、上手に切り替えができるようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。