【12月1日〜14日・六白金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【12月1日〜14日の流れ】
物事が勢いよく動いていくときですが、やや「エネルギー過剰」な運気が予測されます。ほどよい勢いの火が私たちをあたためてくれる一方で、強すぎればあたりを燃やし尽くしてしまうように、エネルギーも強いことばかりが良いものとは限りません。こうした時期は適度に勢いに乗りつつも、ほどほどで満足しておくくらいのほうが結果的にいい調子となりそうです。手に余るものは、自分にとって負担になるということもぜひ覚えていらしてください。ただでさえ忙しい師走です、無理なくやってまいりましょうね。
  • 文・真木あかり

六白金星

総合運

来年にスタートすることの「準備」がそろそろ始まっていきそう。「来年は頑張ろう!」などとのんびり構えていても、おそらく遅れをとるまではいかないでしょう。ただ、直前になって慌てて詰め込むよりも、今からゆったりと取り組んだほうが得るものは大きいはず。世の中の動きにも敏感になれるので、充実した時間を過ごせるでしょう。他にもこの2週間は変化が大きく、「あれっ?」と思ったら周りが様変わりしていることも。周囲をよく見て、合わせていきたいところです。

対人運

できる分だけでいいので、言葉を選んで使うと対人関係がよくなります。観察力が高まる時期だけに、ともすれば批判精神や反骨精神が高まりやすい傾向にあるのですが、そのまま表に出していると「着眼点はすごいけどアブない人かも!?」と周囲をムダに緊張させてしまうことがあります。何かを批判するときは、ユーモアを少しだけきかせて、「自分ならこうする」という意見も添えて発信を。

金運

変化のときだけに臨時の出費が続き、このままでは物入りな年末年始が思いやられるかも。しまいっぱなしの商品券やたまったポイントは、かき集めてみればまとまった額になりそう。大掃除ついでに鞄や財布の中身も整理して、すっきりさせましょう。革のお財布なら、ついでにオイル等でメンテナンスをするのもおすすめです。

吉方位

1日:南西、西、北 2日:南、南西 3日:南東、南、北 4日:自由に過ごす日 5日:東、南西、北西 6日:東、南東、西、北西 7日:南東 8日:南、北東 9日:東、南西、北西 10日:南西、西、北、北東 11日:南、南西、北東 12日:南東、南 13日:南東 14日:東、南西、北西

六白金星の基本性格
夕日が沈んだあと、空にきらめく一番星がたたえる神聖な光。太陽のように、エネルギーに満ち溢れたパワフルな光。そうしたものに象徴される、特別な魅力の持ち主が六白金星の人です。威風堂々として揺らがぬ自信を持っており、相手が誰であってもひるまずに意見できる。向上心に溢れ、自分がこうと思った道を突き進む意欲にも溢れています。行動派で、優柔不断な人がちょっと苦手。自分にも他人にも厳しい完璧主義者。こうした傾向から、近づきがたい人と誤解されることもあるのですが、実際はざっくばらんで親しみやすい人でもあります。年齢や性別、役職などによって態度を変えることはなく「人と人」としてフラットに接する様子は、今の時代に重要なコミュニケーション能力とも言えるでしょう。ちなみに、オフィシャルな面では豪胆に振る舞っていても、内面は意外とデリケート。繊細な自分を前向きに受け入れて守ることも、あなたがあなたらしく生きるために重要なテーマとなります。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。