からだ
くらし

【台湾隙間時間】体調不良から体質改善まで漢方薬局で癒やされる。

隙間時間をフル活用して台湾をとことん楽しもう。街歩きの合間やホテルへ戻る途中、あるいは朝早い出発でも立ち寄れるおすすめスポットを紹介!
  • 撮影・黒川ひろみ 文・光瀬典子

【北門駅】生元藥行 (シェンユェンヤオハン)

乾物や土産物で有名な迪化街のそばに店を構える老舗漢方薬局。一歩足を踏み入れるとお香にも似た漢方薬独特の香りに包まれる。ここでは旅行者でも症状に合わせて定番の漢方薬(錠剤、粉末、煎じ薬)を購入できる。たとえば冷え性や腰痛に効果的な六味地黄丸(ろくみじおうがん)(1カ月分1000元)、更年期や生理不順などに効く四物丸(しもつがん)(1カ月分900元)などは手頃な価格の錠剤タイプで便利だ。日本語対応スタッフが常駐しているので、症状に合わせた漢方薬を安心して選べる。個別に処方を希望する場合は、すぐそばの漢方クリニックを受診(通訳あり)してから。

厳選された台湾の薬草を使って丁寧に処方する。
飲みやすい粉末や錠剤もある。
お土産にも喜ばれる玉容散美白石鹼(250元)で天然ハーブの香りに癒やされるバスタイムを。他にも効果を実感できるオリジナルの美白パック、慈禧玉容(玉容散クリーム1980元)が。
女性スタッフが日本語対応してくれる。
台北市大同區南京西路181號 TEL.02-2555-2970 営業時間:9時~21時(日曜~18時) 無休 カード可 日本語可 
厳選された台湾の薬草を使って丁寧に処方する。
飲みやすい粉末や錠剤もある。
お土産にも喜ばれる玉容散美白石鹼(250元)で天然ハーブの香りに癒やされるバスタイムを。他にも効果を実感できるオリジナルの美白パック、慈禧玉容(玉容散クリーム1980元)が。
女性スタッフが日本語対応してくれる。
台北市大同區南京西路181號 TEL.02-2555-2970 営業時間:9時~21時(日曜~18時) 無休 カード可 日本語可 

*1台湾元=約3.6円(2019年2月22日現在)

『クロワッサン』993号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE