からだ

未来の肌のための新常識。冬でも、冬こそ、紫外線ケア。

冬になると肌がくすむ、しわやシミが出てくる……。それは夏に浴びた紫外線の影響です。特に去年は暑かったので冬も抜かりなく対策を!
  • 撮影・黒川ひろみ 文・薄葉亜希子
左・美容家 小林ひろ美さん、右・美容皮膚科 シロノクリニック銀座院長 徳永真理さん

UVケアは春夏だけ、という人も多いのでは? でも、それは美肌を目指すなら大きな間違い。
「今年の夏の尋常ではない暑さや、強い紫外線にさらされた肌は非常にくたびれ、過去の蓄積に加えてかなりのメラニンを抱えています。寒くなってきたから大丈夫とUVのガードを下ろすと、乾燥も引き金となりその潜伏ジミが浮かび上がってしまう。くすみやシワが増し一気に老け込んでしまうので、冬もUVケアは必要」と美容家の小林ひろ美さん。
ピークは5月から8月とはいえ、冬でも紫外線は降り注いでいる。
「基本は夏と同じで衣類から出ている顔や首、手の甲などは日焼け止めを忘れずに。SPF20以上、PA++以上のものを、肌に浸透させるよう、外出する30分前には塗っておくのがおすすめです。また乾燥した肌は代謝が悪く、色素沈着しやすい状態なので、UVと保湿は両輪と思ってケアを」と皮膚科医の徳永真理さん。

保湿やトリートメント効果も兼ね備えているなど、最近のUV商品の進化はめざましく、実にさまざま。
「白く残る、肌に負担がかかるなどかつてのイメージは払拭してください。大人の肌は“プロテクト&ゴー”です。積極的に守ってうるおいを与え、そして攻めのケアを。冬こそ美肌を育む季節としてお手入れを」(小林さん)

1年間の紫外線量(1990年以降10年間の平均値:神奈川・平塚)。秋から冬の間も、確実に紫外線は降り注いでいる。資料提供:花王

朝のケアは首とデコルテ、手の甲までまんべんなく。

首やデコルテ、手の甲も紫外線を浴びやすい部分。顔は顔、首は首と分けるとつい億劫になってしまうのでUVケアも一連の流れですませるのがおすすめ。
「朝、使う日焼け止めはパール粒2つ分が目安。顔になじませたら首とあご下をプレスし、そのままデコルテへ。両手を重ね合わせる“乙女”のポーズで手の甲もケアします」(小林さん)

1. 顔につけた後、手のひらに残ったクリームをそのまま首元に。強くこすらず、やさしくプレスしながらなじませていくのがポイント。
2. 首のリンパを流すようなイメージでそのまま手のひらをデコルテへと動かす。「デコルテは実は日差しをよく浴びる場所なのでしっかり」
3. デコルテで手を止め、もう片方の手のひらを重ねて軽くプレス。「これを“乙女づけ”と呼んでいます(笑)」。1〜3を左右両方行い、終了。
1. 顔につけた後、手のひらに残ったクリームをそのまま首元に。強くこすらず、やさしくプレスしながらなじませていくのがポイント。
2. 首のリンパを流すようなイメージでそのまま手のひらをデコルテへと動かす。「デコルテは実は日差しをよく浴びる場所なのでしっかり」
3. デコルテで手を止め、もう片方の手のひらを重ねて軽くプレス。「これを“乙女づけ”と呼んでいます(笑)」。1〜3を左右両方行い、終了。
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE