Vol.42 ワキ汗で困っています。量もすごく多いのです。【40歳からのからだ塾WEB版】 | 医療と健康 | ページ 3 | クロワッサン オンライン
からだ

Vol.42 ワキ汗で困っています。量もすごく多いのです。【40歳からのからだ塾WEB版】

  • 文・及川夕子 イラストレーション・小迎裕美子

受診は多汗症専門外来へ

気になる費用ですが、生活に支障をきたすほどの病的な多汗を除いて通常は保険適用外(自費)になります。五味クリニックでは両ワキで5万円ほど。ボトックス注射は正しい場所に注入するための技術が必要とのことなので、多汗症専門外来や多汗症治療を行っている皮膚科などを受診したほうがよいそうです。

このほか、ワキ汗を目立たなくする方法としては、ワキ汗パッドを使う、目立たない服を着る、撥水剤スプレーを洋服の外側からスプレーするなどの対処方法がありますが、いずれも汗そのものを止めることはできません。長年ワキ汗で困ってきた人は、専門外来で相談してみてはいかがでしょうか。
次回は、ワキのニオイの悩みを取り上げます。こちらもぜひチェックしてみてくださいね!

ワキの多汗症の自己チェック表

マイナートランキライザー:抗不安薬、睡眠導入剤などに分類される薬剤

出典:「デオドラント革命―新版・体臭多汗の正しい治し方」(五味常明著/ハート出版)より改編


ご協力いただいた医師
五味常明さん 五味クリニック院長 体臭・多汗研究所所長
ごみ・つねあき●ワキガ・体臭・多汗治療を20年間以上手がけてきた臭い治療のパイオニア。心のケアに外科的手法を組み合せる「心療外科」を提唱し、体臭・多汗治療の現場で実践。

※症状や治療法には個人差があります。必ず専門医にご相談ください。

ライター、メノポーズカウンセラー 及川夕子
更年期、まっただ中のライター。最近、ちょっと休んだぐらいでは疲れが抜けなくなってきて、以前よりもカラダのメンテが欠かせなくなったと実感。とはいえ、カラダの変化をポジティブに捉え、同年代の女性の健康に役立つさまざまな情報をお伝えしていきたいと思っています。ただいま、ヨガやマインドフルネスを実践中。ホルモン補充療法も試してみたい!

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE