からだ

Vol.42 ワキ汗で困っています。量もすごく多いのです。【40歳からのからだ塾WEB版】

  • 文・及川夕子 イラストレーション・小迎裕美子

ワキ汗を止める効果的な方法は?

以上のようなメカニズムが背景にあるため、「ワキの多汗症対策は、予期不安を取ることから始めなくてはなりません」(五味さん)。どんな方法があるかというと……。

①開き直り療法(ロゴセラピー)
眠れない夜に、眠ろうとすればするほど、目が冴えてしまうということはありませんか。強すぎる欲求は、ときに逆効果になることも。
だから、「汗が出そうになったら、『努力家だから出る汗なのだ。いい汗なのだから、出てもいいわ』と開き直ることです。抑えよう、止めようとすると逆効果。『汗が出てもどうってことない』という気持ちになることが大切です」と五味さん。あえて〝逆を行く〟ことで、緊張を遠ざけるのですね。これはれっきとした心理療法です。ぜひ試してみてください。

②制汗剤を上手に使う
「制汗剤で汗が抑えられれば、汗を意識しなくなり予期不安を取ることができます。制汗剤は〝安心剤〟や〝自信回復剤〟としても働いてくれます」と五味さん。ちなみに、ワキ汗は蒸発しにくく体温調節には影響しないので、止めても全く問題ないそうです。制汗剤は市販のものでOK。効果を得るには使用方法をきちんと守りましょう。または、多汗症の悩みで皮膚科を受診すると、制汗剤を処方してもらうこともできますよ。

③ボトックス治療
多汗症の治療法はいくつかありますが、五味さんが「精神性発汗型の多汗症に対して、最も簡単で確実な治療法」と断言するのが、ボトックス治療です。「無毒化したボツリヌス菌を腋窩の皮下に注入し、発汗を促進させる神経伝達物質を抑制します。早ければ、翌日〜3日ぐらいでワキからの発汗が止まります」
ボトックス治療効果は永久ではなく、効果を持続させるには、年に1〜2回の注射が必要。でも、中には一回の注射で多汗症が治まる人もいるそうです。それは、「汗が止まって安心し、予期不安が消えるため」と五味さん。
また、汗腺は使わないでいると、だんだん発汗機能が弱くなっていくため、ボトックス治療を何回か続けるだけでも、汗の量が減ってくる可能性は十分あるそうです。

私もボトックス治療を受けました

ボトックス注入をした翌日、本当にワキから汗が出なくなりビックリ。もうワキ汗パッドを使い続けなくて済むし、クリーニング代も減らせそう……と思ったら、精神的にかなり楽になりました。で、ワキのことは完全に忘れてしまいました。気にする必要がなくなったからなんですね。ノースリーブもジャケットも、これからはワキ汗を気にせず好きなときに着れちゃうんだ!と思うと、今後もボトックス治療を継続したいなと強く思ったのでした。
治療では、まず痛み止めのテープをはってしばらく時間を置いてから注射をします。片方のワキで、20ヵ所くらい注入したでしょうか、多少の痛みは感じましたが、私には我慢できる程度でした。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE