からだ

Vol.29 むくみを放っておいたら、足が黒ずんできました。【40歳からのからだ塾WEB版】

下肢静脈瘤があってもなくても行ってほしいむくみケア

「下肢静脈瘤は、手術をして終わりではありません」と榊原さん。足の血管の弁に圧がかかるような生活をしていれば、再発してしまうこともよくあるのだとか。病気の有無や治療前・治療後に関わらず、足をむくませないこと、むくんだら早めにケアをすることが大切だそうです。

下肢静脈瘤の予防にも効果的なむくみケア

  • ・水分をとりすぎない
  • ・足をこまめに動かす
  • ・足をイスの上に乗せたり、寝転んで足を高く上げたりして、心臓への血流を改善させる
  • ・弾性ストッキングを着用する
  • ・肥満にならない

立ち仕事の多い人は、弾性ストッキングの着用が有効だそう。
むくみは、単なる不調や血行不良と片付けられてしまいがちですが、放っておくと下肢静脈瘤を引き起こす場合も。普段から予防を心がけ、病気の兆候があれば早めに医療機関を受診しましょう。

ご協力いただいた医師

榊原直樹さん 東京血管外科クリニック

さかきばら・なおき●医学博士。専門は心臓血管外科。世界的な下肢静脈瘤治療の第一人者であり、東アジア唯一の熱を使わないスーパーグルー治療を精力的に行っている。

※症状や治療法には個人差があります。必ず専門医にご相談ください。

ライター、メノポーズカウンセラー 及川夕子
更年期、まっただ中のライター。最近、ちょっと休んだぐらいでは疲れが抜けなくなってきて、以前よりもカラダのメンテが欠かせなくなったと実感。とはいえ、カラダの変化をポジティブに捉え、同年代の女性の健康に役立つさまざまな情報をお伝えしていきたいと思っています。ただいま、ヨガやマインドフルネスを実践中。ホルモン補充療法も試してみたい!
1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE