facebook instagram twitter youtube
からだクロワッサン

【動画】Vol.20 基本の玄米リゾット【白崎茶会のオーガニックレシピ】

「リゾット」と言っても、10人いたら10通りのリゾットがある。それほど、イメージは違うのではないでしょうか。とろとろの食感? はたまた、ふわふわの食感? 白崎茶会のリゾットは、「もちもち」です。それは、玄米にじっくり水分を吸わせ、なくなればまた水分を加えて煮てのくり返しによって、玄米独特の歯ざわりを残しています。もちもちの食感で食べ応えたっぷり。ぜひお試しください。(担当編集・K)

昆布水を加えて煮て…の過程で、好みの固さを見つけてください。

基本の玄米リゾット

●材料(2人分)
玄米・・・・・・・・・・・・・1合
にんにく・・・・・・・・・・1かけ
玉葱(または長葱)・・1/4個(50g)
椎茸・・・・・・・・・・・・・2枚
ミニトマト・・・・・・・・・・6個
ココナッツオイル(無味無臭タイプ)またはオリーブオイル・・・大匙2
昆布水(または水)・・・・3カップ
白ワイン・・・・・・・・・・大匙2
醤油・・・・・・・・・・・・小匙1
海塩・胡椒・・・・・・・・・ 適量

●作り方
1 玄米はよく洗い、ザルに上げて水を切る。
2 野菜と椎茸をすべてみじん切りにする(椎茸の軸は細かく割く)。
3 鍋にオイルを入れて弱火にかけ、玄米を入れて弱火で3分間、炒める。
   いい匂いがしてきたら、2を加えてよく炒める。
4 ワインと昆布水をひたひたに入れ、水分がなくなるまで火にかける。これを数回くり繰り返し、好みの固さになったら、醤油、海塩、胡椒で味を調える。

前の日に、水に昆布を漬け入れ、冷蔵庫にいれておくといいですね。

昆布水を加えて、くつくつ炊きます。水気がなくなったら、また昆布水を。セロリがあれば、みじん切りを少し入れるとさらにおいしいです。

アレンジレシピを紹介します。春においしいあさりを使ったリゾットです。

玄米とあさりのリゾット

砂抜きしたあさり200gをよく洗い、白ワイン大さじ4とともに小鍋に入れ、ふたをして中火にかける。あさりの口が開いたら、あさりを取り出し、あさりから出た水分と水を合わせて3カップのだしにする(ターメリック少々を加えてもよい)。このだしを昆布水の代わりにつかって同様にリゾットを作り、取り出したあさりを加え、塩、胡椒で味を調える。イタリアンパセリを散らす。

●次回は、

文字サイズ