からだ

Vol.9 口が渇いてしかたありません。【40歳からのからだ塾WEB版】

女性に多い自己免疫疾患、「シェーグレン症候群」でも口は渇く

口以外にも、目など全身が乾燥する、関節が痛い、だるいなどの症状がある人は、6のシェーグレン症候群の可能性があります。
シェーグレン症候群は、免疫の異常によって起こる自己免疫疾患(膠原病)の一つで、唾液腺や涙腺の機能が低下し、唾液や涙が出にくくなる病気です。関節痛やリング状の皮疹が出る方もいます。

特徴的なのは、この疾患が1対14ぐらいの比率で女性に圧倒的に多いということ。40代〜60歳代の女性に多くみられ、発症のピークは、産後1年後と50歳代。また、関節リウマチの患者さんの約20%にシェーグレン症候群が発症するといわれています。

シェーグレン症候群の原因は、まだはっきりとわかってはいませんが、

●遺伝的要因
●ウイルス感染など外的要因
●女性に多いことから女性ホルモン(エストロゲン)の低下

などが関係していると考えられています。

初診に適した診療科は、内科や膠原病専門外来です。
シェーグレン症候群は、複数の検査をして診断されます。
(1)口の検査で唾液の分泌量低下がある、(2)目の検査で涙の分泌量低下がある、(3)血液検査で自己抗体が陽性、(4)唾液腺や涙腺の組織を採取する検査で陽性といった4項目のうち、2項目以上が陽性(異常)なら診断がつきます。
治療は、目や口の乾燥症状を和らげる対処療法が中心になります。

シェーグレン症候群の発症要因と、発症までの流れ

シェーグレン症候群の発症要因と、発症までの流れ
「更年期世代に必ず起こるエストロゲンの低下が発症に影響している」(宮地さん)。血液検査陽性でも自覚症状がない「無症候性シェーグレン」は、閉経周辺期に見られるのが特徴。
資料:宮地清光

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。