からだ

辛酸なめ子さんも変わった!2週間で
猫背を改善する簡単エクササイズ

姿勢だけではなく、健康の改善にもつながる、猫背改善のエクササイズを辛酸なめ子さんが実践。わずか2週間で嬉しい変化がありました。

見た目が悪いだけでなく、心身の不調も引き起こす「猫背」。独自の「パーフェクト整体」で注目される片平悦子さんに、猫背改善のエクササイズを教えてもらった。

そもそも、私たちの身体の60〜70%は、血液、リンパ液、脳脊髄液などの体液でできている水風船のようなもの。この体液のバランスが崩れると身体は歪んでしまうという。

「体液の中でも自分でコントロールできるのが、脳脊髄液。これを調整して身体の歪みやこわばりを改善する『モゾモゾ体操』と、深い呼吸を身につけ、肺活量や新陳代謝をアップする『背中呼吸』を、猫背改善のプログラムに加えてみましょう」

今回実践してもらったのは、猫背が心配だという辛酸なめ子さん。家の中で簡単にできる3つのエクササイズで猫背改善に挑戦。

肩甲骨周りをほぐすストレッチ

椅子の真ん中よりやや右側に浅く腰 掛け、骨盤を立てて背筋を伸ばす。 両足は軽く開いておき、両手はひざ の上に添える。
片方の手で写真のように背もたれを 持ち、胸が開くのを感じながら、上 半身が捻れないよう注意しつつ肘か ら先をゆっくり回して持ち替える。
回すとき、肩から肩甲骨にかけて筋 肉が動いているのを感じる。左右の 手を替えて、それぞれ5回行う。胸 郭が広がり、深い呼吸ができるよう になる。

肺活量と代謝を上げる背中呼吸

椅子に浅く腰掛け、両腕を肩の高さ で真横に伸ばし、手のひらは下に向 ける。両足は軽く開いておく。肩を すくめないよう注意して。
肘から先をだらんと下に落とし、手 の甲は正面に向ける。鼻からゆっく り息を吸いながら、両方の肩甲骨を 寄せるようにして胸を張る。
口からゆっくり息を吐きながら肩甲骨 を戻して2の状態に。足裏と太ももの 内側に力を入れるとやりやすく効果的。 胸を張る・戻すを5回繰り返す。

水分バランスを整えるモゾモゾ体操

椅子に浅く腰掛け、骨盤を立てて座 る。両足は軽く開いて、両手は腰に 当てる。「水分バランスが整うと、 身体の歪みも改善されます」
2.息を吐きながら、左右のつま 先で交互にゆっくり床を押す (床を押すとき、かかとを少し 上げる)。5回繰り返す。顔が 下を向かないように注意して。
3.あごをゆっくり上げ、天井が見えた らゆっくり戻す。呼吸を止めないよ うに注意。首と頭のこわばりをほぐ し、脳脊髄液の循環を促してくれる。 2と3を続けて3セット。
4.かかとを床につけ、つま先を上げて左右同時にワイパーの ように動かして5往復。2〜 4を1セットにして、5回繰り返す。最後に2を5回行って終了。

辛酸なめ子さんが実践!2週間でこんなに姿勢が変わりました!

2週間続けてみた辛酸なめ子さん、ご覧のとおり胸を張った美しい姿勢に。

「背中呼吸は腕を上げて固定するのがきつかったけれど、深い呼吸ができるように。肩甲骨のストレッチで肩こりも楽になったし、埋もれていた肩甲骨が出てきた気がして、毎日さわって確認するのが楽しみなんです(笑)」。

歪みが改善されたのか、顔のむくみもすっきり。

「友人と写真を撮ったら『小顔だね』と言われて。うれしかったですね!」

【Before】猫背予備軍の姿勢。骨盤が前に 倒れて、お尻が下がっていた。
【After】胸が自然に張れて、きれいな姿勢に。 骨盤が立っているのが自覚できた。

『クロワッサン』930号より

●片平悦子さん 日本パーフェクト整体普及協会代表/「つらい症状は根本原因から治す」をモットーに、施術やセルフ整体を考案。著書に『ねこ背を治すと健康になる』(アスコム)ほか多数。

●辛酸なめ子さん エッセイスト、漫画家/書籍や雑誌などのコラム、エッセイ、漫画でおなじみ。TV番組のコメンテーターなどでも活躍。近著に『辛酸なめ子の世界恋愛文學全集』(祥伝社)。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE